GINZA PARIS

tel:0120-77-2416受付時間 : 平日 10:00〜18:00
ご来店予約はこちら

買取需要が高い「中国切手」って何?

 

目次

買取需要が高い「中国切手」って何?価値のある中国切手とは?

中古品市場の中で、珍しい切手やプレミア価値のついた切手もよく流通しています。その中で、近年注目を集めているのが中国切手です。中国切手にもさまざまな種類があり、一部の切手は高額で取引されているのです。では、中国切手とはどのようなものなのでしょうか。特に価値が高いとされる切手の種類なども含めて紹介します。

中国切手とは?

中国切手は、中国で発行された切手全般を指します。切手コレクターの間では、外国切手の一種として一定の流通がありましたが、その種類の中の一部は高額なプレミア価格がつけられるなど、人気が一気に過熱しました。ただし、中国切手のすべてが高値で取引されるわけではなく、プレミア価格がつくものもあればつかないものもあるのです。通常の中国切手の買取額は数十円程度であるのに対し、プレミア価格がつく種類の切手は数十万円ほどで買取されるケースも存在します。

特に高値がつく中国切手は、1966年~1976年に中国で勃発したプロレタリア文化大革命の時期を中心に、その前後も含めた時期に発行されたものとされています。切手買取の市場において、この時期に発行された切手は珍重されているのです。そして、日本の業者が買取をした中国切手は日本国内で流通するわけではなく、多くは中国に戻って本国で取引されます。そのため、中国切手の買取額は本国の経済事情によっても左右されると考えていいでしょう。


■なぜ中国切手が売れる?
では、近年になってなぜ中国切手が高値で売れるようになったのでしょうか。それには、主に下記の要因が関係しています。

【歴史的な価値を見出された】
前述のように、中国切手の中でも高値で買取されるのは、プロレタリア文化大革命の時期とその前後に発行された切手です。当時、国家主席の座を降りた毛沢東が先頭に立ち、資本主義を排除し社会主義を確立させるための権力闘争が、やがて大衆にも波及して混乱をきたしました。そしてこの時代の切手は、中国が外貨を獲得するために輸出される目的があったことから、中国国内での切手の収集は禁じられていたのです。そのため、当時発行された切手や古切手は中国では非常に希少であり、中国人からの需要が特に高くなっています。

【投機対象として流通するようになった】
近年の中国経済の成長は目覚ましいものがあり、その勢いも急激です。そして、中国にも多くの資産を持った富裕層が増えてきました。この流れに乗り、中国国内で需要が高まっている中国切手を投機の対象として取り扱うケースが発生したのです。プロレタリア文化大革命の時代に海外に流出した中国切手を買いつけ、中国に持ち帰り高値で売却することによって利益を得ようということです。このように、単なるコレクション目的で流通しているわけではないという点も、中国切手が高値で売れる理由の1つです。

価値の高い中国切手とは?

プロレタリア文化大革命の時代に発行された文革切手をはじめ、この時代の前後を含めた時期に発行された中国切手の中には、特に人気が高いものや高額になるものが存在します。その種類は主に以下のようなものです。


毛沢東シリーズ
毛沢東シリーズ プロレタリア文化大革命の主役であった毛沢東は、当時その功績や存在そのものをたたえられていました。そのため、彼をモチーフにした切手のシリーズは多く発行されています。その種類は11種あり、その中でも彼の肖像と指示書5種類が印刷された「毛沢東の最新指示」は、かなりの高額で取引されるのです。特に5種類がすべて連なっていれば、プレミア価格がつけられます。




梅蘭芳舞台芸術
梅蘭芳舞台芸術 プロレタリア文化大革命が始まる少し前の1962年に発行されたもので、中国で国民的な人気を博していた女形京劇俳優・梅蘭芳をモチーフにした切手です。動乱を前にして国民が不安にさらされていた中、彼の存在は多大なる安らぎを与えたのでしょう。タイプはバラ切手と小型シートの2種類で、いずれも発行枚数が少なかったとされています。中でも特に小型シートは非常に希少価値が高いものです。




赤猿切手
赤猿切手 赤猿切手は、年賀切手としては中国で初のものあり、発行年された1980年の干支である猿が描かれています。発行当時はプロレタリア文化大革命が終焉を迎えていましたが、諸事情により市場に流通した枚数が極端に少なかったことから、プレミア価格がつけられるまでになりました。シートで残っている場合はもちろん、バラ切手でもかなりの値段で買取される切手です。




牡丹シリーズ
牡丹シリーズ 美しい牡丹が描かれたシリーズであり、全15種類が存在しています。発行されたのは1964年で、当時の発行枚数は非常に少なかったことから、コレクターの間では高い人気を誇りプレミア価格で取引されます。こちらもバラ切手の小型シートが存在し、特に小型シートは高い希少価値を誇ります。また15種すべてがそろっている場合、より高値で買取されるでしょう。




全国の山河は赤一色
全国の山河は赤一色 1968年に発行された切手であり、数ある中国切手の中でも有数の価値を誇るものとされています。その理由は、図柄の中で中国が赤く印刷されている一方、台湾が白抜きになっているというミスプリントが発生したことで、発売中止になったためです。しかしその中の一部が誤って販売されてしまい、わずかな枚数が現存するのみの貴重な切手となりました。流通価格は他の中国切手と比べてもけた違いです。



関連最新コラム