GINZA PARIS

tel:0120-77-2416受付時間 : 平日 10:00〜18:00
ご来店予約はこちら

頂き物や景品でもらった「飲まないお酒」を捨てずに売るという方法

 

目次

頂き物や景品でもらった「飲まないお酒」を捨てずに売るという方法

たとえば、季節の挨拶やお祝いなど、またパーティやコンペなどの景品で高価なお酒をもらうこともあるでしょう。こうした頂き物のお酒を飲まないとき、そのまま寝かせておくのはもったいない話です。実はお酒も買取してくれる業者が存在し、そのお酒の価値を熟知した上で買取額をつけてもらえるのです。飲まずに放置しているお酒が、実は価値のあるものかもしれません。





【家の中に眠っている「飲まないお酒」ありませんか?】
さまざまなシーンで、贈答品としてお酒が選ばれることも多いものです。しかし、もらった自分がお酒好きならいいですが、ときにはお酒が自分の好みに合わなかったり、そもそもお酒が飲めなかったりする場合も考えられます。このような場合、お酒は開封せずに自宅の収納スペースの隅に置いたままになってしまいがちです。飲まない人にとっては、そのお酒は処分に困ってしまうでしょう。

このようなとき、お酒の買取を利用するのがおすすめです。基本的に未開封であれば、お酒の買取を受け付けている業者が多く存在するのです。こうした業者では、ただ単にお酒を買取するだけではなく、人気のあるブランドや貴重な年代ものなどの要素を考慮して、しっかり査定してくれます。また箱ごと保管している状態であれば、その箱の価値も含めて高く評価してもらえるのです。さらに、ウイスキーやブランデーなどには、クリスタル製の替栓といった付属品があるものも多いです。これらの付属品がそろっていれば、より高い買取額をつけてもらえるでしょう。

飲む人にしかわからないブランドのお酒も多数

お酒好きな人は、人気の高いブランドや入手困難なブランドなどには特に詳しく、ぜひ手に入れたいと考えている人も多いでしょう。お酒を飲まない人にとってはどれも同じに見えても、飲む人にとってはのどから手が出るほど欲しいブランドかもしれないのです。


お酒には熱心なコレクターが存在する
そして、お酒好きの人の中にはレアな種類をそろえることを目的とした、熱心なコレクターもいます。このようなコレクターは、特に高級酒や希少なブランドを求める傾向が高いです。さらにウイスキーやブランデーといった蒸留酒には、数十年かけて熟成されたヴィンテージ品が存在し、人気ブランドのヴィンテージ品には高い需要が集まります。


高級酒は付属品も含めた価値がつけられる
お酒コレクターの人が好む高級ブランド品は、ただ単にお酒本体があればいいというわけではありません。前述のように、箱や替栓などの付属品があれば、高額で買取してもらえることが多いです。その理由は、付属品がすべてそろった状態で、初めてブランドとしての価値が見いだされるためです。ブランドによっては、付属品がすべてそろっている場合と本体のみの場合で、買取額に倍以上の差が出ることもあります。

そのままにしてはもったいない貴重品かも!?

自宅で眠っているお酒の中には、コレクターの間で高い人気を誇るレアな貴重品があるかもしれません。こうしたお酒はかなりの高額で買取してもらえるため、一度買取を依頼してみて損はないでしょう。


蒸留酒のヴィンテージ品は高価で取引される
前述でも触れましたが、ウイスキーやブランデーなどの蒸留酒は、年代が経過したものにヴィンテージ品としての価値がつけられることが多いです。その理由は、蒸留酒が数十年の時を経ても保存状態によっては品質の劣化が起きず、一方で年代ものとしての希少価値がつけられるためです。こうした蒸留酒のヴィンテージ品は、ブランドや年代によって定価の数倍以上ものプレミア価格がつくケースもあります。その場合、買取額もかなりの高額が見込めるでしょう。もし何十年単位で自宅に眠っているウイスキーやブランデーがあれば、買取に出すと思わぬ高額をつけてもらえるかもしれません。


ボトル自体に高い価値があるものも
お酒の中身もさることながら、中にはボトル自体に高い価値があり、貴重な品として取り扱われるものもあります。たとえば高級クリスタルのボトルは、中身が残っていなくても空瓶のみで買取してくれるところもあります。また陶器のボトルでは、制作しているのが人間国宝などの重鎮といったケースもあり、芸術品としての価値が高く評価されるのです。これらのようにボトルだけでも高い価値があるものは、コレクターの間でも人気です。


非売品や限定品にも価値がある
記念品や景品などとして作られた非売品のお酒は、通常の市販品とはラベルやボトルなどのディテールが異なっていることが多いです。またそのお酒にしかつかない付属品がついている場合もあるでしょう。コレクターの間では、こうしたディテールの違いに希少価値を見出され、高値で取引されるのです。さらに、日本酒などでは季節限定や地域限定で販売されているブランドもあり、人気を博すでしょう。ただし日本酒は賞味期限が存在し、その期限は1年~2年くらいといわれています。記念品としてもらった日本酒が自宅にある場合は、早めに買取に出すことをおすすめします。

関連最新コラム