GINZA PARIS

tel:0120-77-2416受付時間 : 平日 10:00〜18:00
ご来店予約はこちら

金とプラチナの違いについて

 

目次

金とプラチナの違いについて

皆さん、金とプラチナの違いってご存知ですか。
どちらも美しい光沢が魅力的ですが、両者の違いについて分からない方は意外に多いです。こちらでは、金とプラチナの特徴についてご紹介します。

長年の歴史を誇る「金」

初めて貴金属として扱われた金は、黄金に輝く美しさから古来より多くの人々を魅了し、何千年もの歴史を築いてきました。とても柔らかい性質のため、装飾品や貨幣などに加工しやすく、その他にも、お守りや魔除け、時には治療薬としても使用されていた事から、希少性の高い貴金属として重宝されていたのです。
また、湿気や熱によって劣化する事も少なく、化学変化に強いため変色する事はほぼありません。
さらに、他の金属と溶けやすく、銀や銅など混ぜる金属の種類によって、様々な色の金を作る事が可能です。銀や銅をほぼ同量に配合したイエローゴールド、銀が多いとグリーンゴールド、銅ならばピンクゴールドやレッドゴールドなど、混ぜる金属によって色々なカラーを表現できます。

結婚指輪で人気の「プラチナ」

別名「白金」とも呼ばれているプラチナは、素材が非常に柔らかく、変形しやすいのが特徴です。金の産出量に比べ、採取できる割合が少ないため、なかなか手に入る事のできない高価なものとして扱われてきました。また、プラチナは低アレルギー性なので、医療分野ではペースメーカー、工業用として自動車の排ガス浄化装置として利用されるなど、様々な分野で活躍する資源として注目を集めています。永遠の愛を示す結婚指輪として購入する方も多く、現在に渡ってもプラチナの価値は高騰しています。



関連最新コラム