プラチナの純度はどのように表示するの?Pt1000・Pt999・Pt850の違いや特徴は?

プラチナというと、結婚指輪や婚約指輪に使われる高級アクセサリーとして知られています。プラチナには金のように純度があるのでしょうか。今回はプラチナの純度について詳しく知っていきましょう。そして、純度によって買取額が変わるのかも解説していきます。

プラチナとは

プラチナとは

銀白色の美しい光沢がきれいなプラチナは、変質・変色しにくい特徴から高級アクセサリーの素材としてよく使われています。和名では「白金」と呼ばれ、南アフリカが全産出量の70%を占めています。その他の主な生産国はカナダ、ロシアです。

プラチナが結婚指輪や婚約指輪に使われているのはよく知られていますが、指輪に使われるのはプラチナの「耐久性」が優れているからです。その耐久性から、ジュエリーのホアには工業用・産業用など幅広い分野で使われています。

プラチナは金のように丈夫で色が変わりにくい特徴があり、柔らかいため、ジュエリーに使うときには他の金属(割り金)を混ぜて硬度を高めます。その柔らかい特性のため、加工しやすいプラチナは購入した後のサイズ変更などがしやすいので、生涯身につけるアクセサリーに使用されるのです。

日常生活の中で身につけていても傷がつきにくく、日本人の肌に馴染む銀白色のプラチナは多くの人に愛される金属です。

プラチナの純度

プラチナの純度

プラチナの純度を示すPt

プラチナの純度は、Ptで表されます。プラチナ100%のものはPt100という意味ですが、実際は純度100%のプラチナは存在せず、99.95%までが限界です。プラチナは柔らかい特性があるので、他の金属を混ぜて硬度を高めます。混ぜる金属の割合によって、純度の表記が変わってきます。

Pt900はプラチナが90%のもの、Pt950はプラチナが95%ということになるのです。

国際的貴金属宝飾連盟では、プラチナの標準品位はPt850以上に決められています。

結婚指輪などはなぜPt900やPt950なのか

プラチナは傷がつきにくく、変色しにくいことと銀白色のきれいな色から結婚指輪や婚約指輪に使われることが多いのですが、なぜPt100ではないのでしょうか。

その理由として、純度100%(99.95%)のプラチナは、強度が弱いことと黒っぽい色であるからです。強度が弱い金属で結婚指輪を作ると、家事をするときに傷がつくことがあります。このような理由から純度100%のプラチナは、結婚指輪や婚約指輪には向かないのです。

アクセサリーとしてプラチナを使用するときは、他の金属を混ぜて強度を強くします。また、色を白くするためにパラジウムなどのような白い金属を混ぜます。

また、もう一つの理由として、Pt900が結婚指輪や婚約指輪に使用されるのは、職人の作業のしやすさが挙げられます。現在の結婚指輪は細いものが主流です。

細い指輪は強度が弱く、柔らかいものですと変形しやすいため、強度を高める必要があります。その柔らかさを補うためには、ルテニウムを約2%程混ぜるのです。そうすることで、プラチナが硬くなり、これを「ハードプラチナ」と言います。

結婚指輪は長期間使用することが多いことを前提に作られますので、サイズ直ししやすいことや傷つきにくいことなどが求められるのです。

結婚指輪として選ぶならPt950とPt900のどちらがいいのでしょうか。海外のブランドのものは、その規定によってPt950のものが多く、日本では加工のしやすさによってPt900のものが多く見受けられます。どちらを選ぶかは、デザインや価格の他にそれらの特徴をよく理解した上で選ぶといいでしょう。
 

プラチナ純度別の特徴

プラチナ純度別の特徴

Pt999

純度100%のものが存在しないプラチナは「純プラチナ」をPt999と表記します。純プラチナは他の金属を混ぜていないため、柔らかく伸びやすい反面、傷つきやすいのが特徴です。純プラチナは私たちがよく目にする銀白色の色ではなく、黒っぽい色をしているのでジュエリーに使用されることはほとんどありません。

Pt950

プラチナの国際的な広報機関であるプラチナギルドインターナショナルでは、Pt950以上のものをプラチナジュエリーの国際基準としています。ハリー・ウィンストンやカルティエなどの海外の高級ブランドではPt950のものをよく使っています。

そして、プラチナは金属アレルギーになりにくい金属です。Pt950は他の金属の含有率がPt900より少ないので、金属アレルギーになりにくいというメリットがあります。

ただ、混ぜられている金属によってアレルギーを起こしてしまうことがあるので、自分がどの金属アレルギーなのかを知っておくと、プラチナを選ぶ時にアレルギーを引き起こしにくいものが選べるのではないでしょうか。

Pt900

割り金10%混ぜたプラチナをPt900といいます。Pt999やPt950よりも他の金属の割合が多いため、変形しにくく傷がつきにくいので日本では指輪によく使われています。購入後のサイズ直しにも対応してくれる店が多く、プラチナの割合が少ないため、価格を抑えられるのも特徴の一つです。

価格を抑えるには、割り金がルテニウムや銅のものがおすすめです。プラチナの価格は純度によって価格の差が大きく、Pt950とPt900では10,000万円ほどの差が出ることもあります。

Pt850

プラチナが85%で、15%はイリジウム・パラジウム・ルテニウムなどです。Pt850は、Pt950やPt900よりも硬いため、ネックレスのチェーンの部分や指輪に使用されることが多いです。プラチナ特有の銀白色がきれいなことと、他の純度のものよりも価格が手頃なため、人気があります。

プラチナの純度で買取価格に違いはあるの?

プラチナの純度で買取価格に違いはあるの?

プラチナの純度による買い取り額

プラチナの買取額は、純度が高いもののほうが高額で買い取りしてもらえます。

買取額は業者によって異なりますが、1グラムあたりいくらかで買取価格が決まります。まれにPt500やPt250などと刻印されているものがありますが、プラチナジュエリーの定義はPt850以上です。Pt500やPt250はプラチナの含有量が半分以下なので、ほとんど価値がないと言っていいでしょう。
 

ジュエリーがついているプラチナの買取価格は?

プラチナに宝石がついている場合の買取価格はどのようになるのでしょうか。

ジュエリーでは純プラチナが使われていることは基本的にありません。他の金属を混ぜて強度を高めていることが多いため、買取額はその金属によって異なる場合があります。

そのため、宝石がついているプラチナジュエリーを査定に出すと、「ジュエリー代」「プラチナ代」「宝石代」の3つが調べられて価格が計算されます。ジュエリー全体の重さを計り、刻印などで純度を調べ、それによってプラチナの金額を算出します。宝石についても重さによって単価を掛けて価格を算出します。

他の金属とのコンビの場合も同じように、プラチナ以外の金属の価格によって買取額が決まります。
 

純度を知って好きなプラチナを選ぼう

プラチナの純度について解説しました。現在、純プラチナはアクセサリーには使われることがあまりないので、普段身につけるものは、Pt950、Pt900、Pt850から選ぶことになります。修理のしやすさ、アレルギーを引き起こしにくいもの、他のプラチナに比べて価格が手頃なものなど、さまざまな特徴がありますので、ご自身に適したものを選ぶといいですね。