正規品とアウトレットに違いはある?購入時のメリットデメリット

通常の定価よりも、安く商品を購入できるアウトレット品。しかしお得に感じる反面、「正規品と何が違うのか」「偽物を買わされていないか」と心配になる方もいるはずです。今回はそんな疑問を解消できるよう、ブランドなどが販売している正規品とアウトレット品の違いやアウトレット品を購入する際のメリット・デメリットについて詳しくご紹介していきます。

正規品とアウトレット品に違いはあるの?

正規品とアウトレット品に違いはあるの?

よくブランド物の売買では、国内正規品やアウトレット品、並行輸入品などの様々な表記がなされています。「どれが本物でどれが偽物なの?」と思われる方もいるでしょう。稀にネット通販などでは、ブランドや産地を偽造している業者もいるので注意が必要ですが、基本的にこれらの商品は偽物ではありません。

では実際正規品とやアウトレット品にはどのような違いがあるのでしょうか。具体的に解説していきます。

正規品とは

一般的に日本で正規品と呼ばれる商品は、「国内正規品」のことです。海外メーカーと契約している国内の正規代理店や各販売店に卸されており、海外直営店で直接購入するのと変わらない保証や価値があります。

メーカーから直接卸しているのでそれだけ信頼性が高く、偽造品にあたることなく安心して購入することが可能です。アフターケアも万全で、初期不良品は交換できたり整備や修理を依頼する際にも割引といった特典が付くこともあるでしょう。

また、最新モデルやシリーズの取り揃えがあることも多いため、最先端のブランド品をファッションに取り入れることができます。

ただし信頼性や価値が高く維持されている分、値段は定価で販売していることが多いです。購入する際には、きちんと予算内に収まっているか確認してから購入したほうが良いでしょう。

アウトレット品とは

主に国内正規品以外のルートで仕入れたり価値の下がった商品を販売しているものは、アウトレット品と呼ばれていることが多いです。

具体的には、

  • 海外の現地で直接買い付け、流通コストを減らした商品
  • 過剰在庫などの訳あり商品

などがあります。

通常、ブランド品を日本で手に入れようと思うと海外や日本の代理店を通すため、中間マージンなどが発生し消費者が購入するまでに価格が高くなってしまいます。

しかし工場などから直接買い付けると、それらの余分なコストが掛からないので、一般的な価格よりも安く仕入れて消費者へ売ることが可能に。これを「ファクトリー・アウトレット」と言います。

そして訳ありの商品では、

  • 旬の過ぎたモデル
  • クーリング・オフの返品
  • 過剰在庫
  • 色落ちやほつれ

などの何らかの理由で価値が下がった商品を安く販売し、これが「リテール・アウトレット」と呼ばれています。

また中にはアウトレット用に製造された商品なども存在します。例えば高級ブランドでおなじみの「COACH(コーチ)」では、前年に人気のあった正規品の色違いや形違いなどを、素材を変更しコストを下げて販売しているのです。

これは高級ブランドメーカーなどが、商品やブランドイメージをより広めるために安く販売する「セカンドライン」と同じようなもの。素材やデザインに多少の違いがあっても決して偽物ではないので、間違えないよう注意してください。

アウトレット品購入時のメリットデメリット

アウトレット品購入時のメリットデメリット

アウトレット品は、正規品と比べて「劣化したもの」というイメージがあり、デメリットばかりと思われがちです。しかしメリットもしっかりと存在するので、これからブランド品などを購入しようと思っている人は、アウトレット品にも目を向けてみてください。

ではアウトレット品を購入する際のメリット・デメリットについて詳しくご紹介していきます。

メリット

まずアウトレット品のメリットとして挙げられるのが、正規品と比べた時の価格の安さです。過剰在庫などの理由により、商品自体に問題がなくても価値が下がっているので、良質な商品を購入することができます。

価格はブランドや商品によって変動があり、2~3割程度から半額まで値下げしているケースも見受けられるでしょう。元々の値段が高いほど引かれる金額は大きくなりやすいため、ブランド品や家具などの高額商品だとお得感が増しますよ。

またアウトレット用に元からコストを下げて製造された商品の中には、メーカー側が実験的に商品を開発し販売しているものも存在します。正規品にはないデザインや機能性を持っていることもあるため、通常の商品とは違った面白さを感じられるでしょう。

デメリット

一方、アウトレット品のデメリットとしては品揃えが安定していないです。特に商品の数量やバリエーションは、アウトレット品毎に異なります。

例えば服などのアパレル用品なら、シーズンが過ぎて売れ残ったものをアウトレットに回すことが考えられるので残りの在庫次第です。もし過剰在庫であれば、大量に在庫があるケースも考えられます。

たとえ欲しいデザインの服があっても、サイズが合わなかったり好みのカラーが在庫切れだったりするので、満足のいく買い物にならないかもしれません。

最初からアウトレット品として製造されたものは、そもそも正規品とは生地や素材が異なります。価格相応の商品になるので、商品に詳しい人が見るとすぐにアウトレット品と見抜かれることもあるでしょう。

そして中には傷や色落ち、ほつれのある商品も存在します。販売前に修復していることがほとんどですが、完璧に直っていない商品もあるため、購入する際にはよく確認してから選んでください。

必ずしも全てのブランドにアウトレットがあるわけではない

必ずしも全てのブランドにアウトレットがあるわけではない

メーカーにとってアウトレット品を販売することは、売れ残った商品などを処分できる反面、正規品が売れにくくなり価値が下がるというリスクがあります。そしてブランドの価値を維持するために、アウトレット品などのセール商品を一切販売していないメーカーなども存在しているのです。

例えば以下のようなブランドは、アウトレット品を販売していません。

  • シャネル
  • ルイヴィトン
  • エルメス
  • ロレックス

ただし例外もあり、エルメスはVIP顧客限定のセールを毎年開催しています。セール品には「S」の刻印がなされており、一般に販売されている商品と差別化し価値を落とさない工夫を凝らしています。だからこそ、限定的とはいえ安く販売できるのですね。

アウトレット品も本物であることには変わりない

正規品とアウトレット品の大きな違いは、商品自体の価値の差です。「在庫が捌き切れない」「傷などがあり正規品として売れない」「元々アウトレット用に素材を変えて製造している」などの様々な理由で、アウトレット品は価格が抑えられています。

つまり今は定価で販売されているものが、数年後にはアウトレット品として安く売られているケースもあるということ。本物であることには変わりないのです。特にブランド品や家具などの高価な商品をアウトレットで購入すると、良質なものを安く手に入れられるのでお得感があります。

そして在庫などにも限りがあるため、興味がある方は買取と販売サービスを提供する銀座パリスを利用してみてはいかがでしょうか。ブランド品はもちろんのこと、ジュエリーや骨董品などその他にも様々な高額商品を取り扱っています。

より満足感の高い買い物をするためにも、この機会にぜひとも銀座パリスで気になるブランド商品の購入をご検討ください。

銀座パリス

ブランド品、腕時計、ジュエリー、金、プラチナまで全て高価買取します。お店までお持ち頂くなくても簡単キットに詰めるだけ、宅…