ブルガリの時計修理は正規店へ!メンテナンス内容や価格を他社と比較

イタリア・ローマで高級宝飾店として生まれ、今では世界中に愛されている一流ファッションブランド、ブルガリ(BVLGARI)。1977年から作られ続ける腕時計は洗練された美しさと強い個性を放つことで有名です。今回はその高級腕時計のメンテナンスについてご紹介します。

ブルガリの時計のメンテナンスについて

ブルガリの時計のメンテナンスについて

腕時計におけるメンテナンスとは、針の狂いや電池切れなどの時刻に関する事項ばかりではありません。

日常的に装着するのならもちろんのこと、どれほど丁寧に扱っていても傷は入ってしまいますし、ベルト部分がなんとなくしっくりこなくなったまま装着を続けていたらふとした拍子に外れて落下…なんてケースもあるのです。その衝撃でガラスが割れてしまうことも。繊細な高級品であるからこそ長く使い続けたいものですよね。

では、安定して使っていくためのメンテナンスとはいったいどういうものなのでしょうか。

ブルガリの公式では時計修理は2年ごとが推奨されています

オンラインショップもおこなっているブルガリの公式ホームページによると、ベーシックサービスと呼ばれる基本的なメンテナンスについて、2年ごとにおこなうことを推奨しています。また、分解清掃が含まれたコンプリートサービスに関しては3年ごとと記載されています。

この通りのサイクルで依頼していれば間違いはないでしょう。

分解清掃(オーバーホール)の必要性

特に異常は見られないし、そんなにメンテナンスに出していられない…と思ってしまう方もいるかもしれません。それでも機械式時計であれば、分解清掃は3年に一度はおこなっておくべきメンテナンスであることをお伝えさせてください。

ブルガリの時計の多くを占める機械式時計は、いくつもの精密なパーツによって動いています。この内部機械部分をムーブメントといいます。ここに汚れが入り込むことで、わずかな軋みが発生してしまい、その状態のまま動き続けると本来存在しなかった負荷がかかり、パーツが摩耗していくのです。

パーツ間に差されたオイルが蒸発し不足することでも同様のことが起こり、これらは針の狂いにつながります。

それを防ぐのが分解清掃です。パーツをすべて分解、洗浄し、経年で入ってしまった埃や汗、パーツの摩耗で発生する金属粉、そして古くなった機械油を洗い落とすことでサビや劣化を防ぎます。きれいにしたムーブメントに新しく油をさすことで、時計はまた従来通りに動き続けることができるのです。

費用は相応にかかるのですが、メンテナンスを怠り摩耗しきったパーツを取り替えるより安上がりと言えるでしょう。

ブルガリの時計の修理の目安、チェックポイント

ブルガリの時計の修理の目安、チェックポイント

では、分解清掃以外の修理点についてはどういった項目があるのでしょうか。

ベルトと中留め

金属部品をつなぎ合わせて作られているベルトの場合、部品同士を連結しているピンの劣化がベルトの破損につながります。劣化の原因はムーブメント同様、汗や埃、金属粉などの汚れによるサビと腐食です。ピンが折れたり抜けたりすることによってベルトが脱落することで、落下という二次被害が起きる可能性があります。

時計を装着する際に少しでも違和感があったなら、ピンの劣化を疑ってみるとよいでしょう。

中留めとは金属ベルトにおけるバックル部分のことです。無理な加重がかかるなどで次第に歪んで留めにくくなったり、あるいは蝶番の部分に亀裂が入ったりしていたら要注意です。また、こちらも内部にピンが入っているため、ピンの折れや抜けが発生します。じっくり観察し、サビによる変色を起こしていないか確認してみましょう。

ガラス

落下の衝撃などで案外簡単に割れてしまうことがあります。落としてしまった場合は修理に直行だと思いますが、その他金属に擦れて入った細かい傷が気になることもあるでしょう。後者の場合、標準的なガラスであれば自分で「時計風防用研磨剤」と呼ばれる研磨剤を用いて磨き上げることが可能です。

ただし、それでも消えない場合は素直に修理交換してもらったほうが良いでしょう。

ガラスの種類によって価格は異なりますが、本来その時計に嵌められていたガラスとまったく同じものを交換してもらいたい場合は、修理業者ではなくメーカーのカスタマーセンターに依頼しましょう。

細かい傷

どこがとは言えないけれど全体的に曇って見えるような…。そんな場合、日常的な使用における細かい傷が原因だったりします。

磨いてつや出し(ポリッシュ)をすることで元の輝きを取り戻すことができますが、メーカーはもちろん修理業者によってはオーバーホールの際におこなってくれる項目ですので、よほど気にかかる傷でない限りはお任せするのがよいでしょう。

時刻の狂い

新品なのに、またはオーバーホールに出して2年経たないのに時計が狂っている…。そんな場合は電気製品からくる磁気の影響を考えてみてください。

詳しい解説は日本時計協会のQ&Aにておこなわれていますが、ムーブメントに磁気が干渉してしまうのです。特に機械式時計は磁気の発生元から離れても精度に影響が残ったままになってしまうため、脱磁(磁気抜き)をおこなう必要があります。

参考:日本時計協会(JCWA)

ブルガリの時計修理はブルガリの正規店へ?修理価格と違いを比較

ブルガリの時計修理はブルガリの正規店へ?修理価格と違いを比較

ここまで修理の必要性とポイントについてご説明いたしました。ところで、インターネットで検索してみると時計の修理業者がたくさん出てきますが、ブランド時計の修理をこういった業者に依頼してもいいものなのでしょうか?

メーカーに依頼した場合

保証書を持って正規店へ、というのは一番堅実で無難な選択肢でしょう。細かいパーツは生産終了さえしていなければ確実に純正品で取り替えてもらうことができ、安心して新品同然になったブルガリの時計を手にすることができます。

しかし気になる点があるとすれば、やはりその価格ですよね。ブルガリに依頼した場合オーバーホールにかかる費用は、時計のタイプにもよりますが50,000円前後。クロノグラフになればもう10,000円ほど上乗せされることでしょう。

それを2年おきになんてちょっと…と感じたなら、メーカーとは無関係の修理業者を選んでみるという手段があります。

メーカー以外の修理業者に依頼した場合

先述したように、インターネットで検索すると驚くほどたくさんの修理業者が出てきます。いずれも費用は20,000円辺りからとぐっと下がるのは嬉しいところなのですが、候補がありすぎてどこを選んでいいのか困りますよね。

実際のところ、腕の悪い修理業者というのも存在します。安いからといって修理に出しても、その仕上がりがいまいちだった…なんてことは避けたいですよね。

そのためのひとつの目安に「時計修理技能士」という国家資格があります。3級から1級までがあり、1級取得には1年~7年の実務経験が必要とされています。ホームページにおいて時計修理技能士がいると明記している修理業者は、一定の水準と経験が保証されていると考えてよいでしょう。

また、時計にはパーツ交換が必要になることも少なくありません。そのとき非純正品で交換を済ませてしまう業者もあります。純正部品を使っての交換を希望する場合、ホームページにてその旨が記載されていることも必ず確認しておきましょう。

ブランドの中にはこういった正規店以外での修理を行った商品を今後受け付けないこともあるので、注意しましょう。

ブルガリの時計の修理についてのまとめ

ブルガリの時計は実用性だけではなく装飾品としても優れた繊細なものです。傷や汚れに決して強いものではないため、毎日マイクロファイバークロスなどの柔らかい布でお手入れをするのもとても有効でしょう。細かい部分の汚れが気になったら爪楊枝やベビー用綿棒などを使ってかきだしてみるのがおすすめです。

時々眺めて状態を観察し、定期的に修理に出して、いつまでも大事にしていきたいものですね。