エルメス『リンディ』のカラー・サイズは?高値で買取してもらう秘訣はある?

独特な形が特徴のエルメスのバッグ『リンディ』はどうして人気なのでしょうか?その秘密である、サイズや素材、リンディのアレンジの仕方などをご紹介いたします。また、中古で購入を考えている方や買取を検討している方にも参考になるような価格についてもまとめました。

エルメスの『リンディ』ってどんなバッグ?

収納力と美しいデザインが魅力のリンディは使い勝手が良いバッグ

リンディはデザイナーのフレディリック・ヴィダルによって2007年に製作・販売されました。このリンディは今まであまり目にしたことがないボックス型のフォルムで、特徴的なデザインをしていますが、シンプルで機能性もあるので、とても人気があるバッグです。

さらに、リンディは2WAYタイプになっているので、ハンドバッグとして、ストラップを使って肩掛けショルダーとしても使うことができます。

バッグを開けるときは両サイドのファスナーを開けると開口が大きく開きます。荷物を取り出す時にとても便利です。バッグの中は仕切りがなく一目でどこに何があるかわかるようになっています。

仕切りがないため中身がごちゃごちゃになってしまう心配がありますが、リンディは小物が収納できるように外側と内側に2つずつオープンポケットがついているので上手に使って収納すればごちゃごちゃになる心配はありません。そして、バッグの底には5つの底鋲が付いているため床に置いても独立してくれるバッグです。

このように機能性、実用性、デザイン性すべてを考えて作られたリンディは、エルメスの中でも人気の高い魅力的なバッグです。

Hermes(エルメス)の職人たちの手で愛情を込めて製作された品々を公式オンラインブティックではオレンジボックスに詰め、…

公式サイト:www.hermes.com/jp/ja/

リンディのサイズは26・30・34の3サイズ

26サイズ

サイズ:H18×W26×D14 cm

バッグ 《リンディ》 26
公式参考価格 税込 975,700円
引用元:Hermes

このサイズはリンディの中で1番小さいサイズです。しかし小さいながらも十分なマチがあるのと、開口が広いので収納力は問題ないでしょう。ちょっとしたお出かけのときに持ち歩く、携帯、財布、ポーチぐらいなら入るサイズ感です。

30サイズ

サイズ:W30cm×H19cm×D16cm

バッグ 《リンディ》 30
公式参考価格 1,059,300円
引用元:Hermes

このサイズは普段荷物が多い方におすすめです。普段の持ち物はもちろん、オフィスでも活躍するA4サイズが入るバッグで、いろいろな場面で活躍してくれます。

34サイズ

サイズ:W34cm×H20cm×D17cm

このサイズはリンディの中で最も大きいサイズです。タブレットも入るサイズ感なのでビジネスシーンにも使えます。マチも十分にあり、ちょっとした遠出にも活躍するとても収納力の高いバッグです。

快適に使えるリンディの素材

トリヨクレマンス

この素材はリンディの特徴である素材の柔軟性を表現してくれる素材です。その特徴を生かしハンドバッグでもショルダーバッグでも体に馴染むようになっています。柔らかくフィットしてくれるバッグが好みの方におすすめです。

ヴォースイフト

この素材は雄仔牛レザーで革目が浅いのでマットな印象を与えます。リンディは装飾が少ない分、素材の風合いがそのまま表現されるバッグです。この素材は革目が浅くマット感があるのでそのマット感が表現され上品な印象を与えます。

また、ヴォースイフトは発色がいいのも特徴なのでオレンジやエトープといった発色の目立つ色のバッグがおすすめです。
 

種類豊富なカラー

リンディはカラー展開が豊富で、定番のブラックはもちろん、ベージュとグレーを混ぜたような落ち着いた色のエトープ、水色のジーンズの色を落ちつかせた色のブルージーン、オレンジポピー、ピンクなどさまざまな種類があります。

シーズン限定で出るカラーもあり発色のいいピンク色のローズアザレや、ローズパープルより色味の強いピンク色のマグノリアなどがあります。

リンディのオシャレコーデと持ち方

シックなカラーのバッグにはツイリーで自分らしさを

バッグを買う時、いつもブラックやホワイトなどの無難な色を選ぶという方は少なくないと思います。そんな方はツイリーでアレンジする方法をおすすめします。

ブラックのバッグなら、どのカラーのツイリーでも合うので落ち着いたカラーでも少し目立つカラーのものでもいいでしょう。アレンジの仕方もハンドルに巻く、リボンのように結ぶ、などあるので試してみてください。

明るめのバッグには明るめコーデがおすすめ

リンディにはピンクやオレンジなど明るめのカラーもあります。そのバッグにはブラックなど落ち着いたカラーの洋服よりも白などの明るめの洋服が合います。明るめコーデだからといって同系色でまとめるとバッグが栄えないので気を付けましょう。

パンツスタイルにはショルダーを使って肩掛けでおしゃれに

パンツスタイルなどカジュアルなコーデにはストラップを使用してショルダーバッグとして使うのがおすすめです。落ち着いたカラーのリンディなら、より大人の女性らしく見えるでしょう。

ハンドル部分に手を通してハンドバッグ風に

バッグをパッと見たときどうやって持つのか不思議に思いますよね。この上部の部分が折れ曲がってハンドル部分に手を通すのが1番オーソドックスな持ち方になります。

リンディより高く買い取ってもらう方法と気になる値段

リンディをより高く買い取ってもらうために

買取価格は商品の状態やその時の相場によって変わりますが、だいたい40万円前後で買い取ってもらえます。この項目では、さらに高く買い取ってもらえる方法をご紹介します。

まず買取で大切なのは商品の状態です。傷や破損はもちろん、ちょっとした汚れやバッグの中の臭いも査定に影響します。リンディといえば独特なボックス型が特徴ですが、普段使用していて型崩れやシワがよってしまったり荷物の入れすぎで持ち手が劣化すると査定額が低くなる恐れがあります。

こまめにケアすることはもちろん、査定へ持っていく直前にもお掃除をしておきましょう。査定の時の第一印象の見栄えが買取価格に影響することがあります。表面を乾いた布でふいて内側のゴミやほこりなども確認しておきましょう。
 

そしてもう一つ大事なのが付属品です。リンディには保証書、梱包箱、袋、レインカバーなどの付属品があります。他にもリボンやタグ、取扱説明書などもとっておくと高額査定に繋がるかもしれません。1番いいのは購入した時と同じ状態で査定に出すことです。そして一番大切なのは保証書なので、絶対に失くさないように保管しておきましょう。
 

査定額に影響するのは、バッグ自体のカラーやサイズ、素材です。自分で購入したものの需要も査定では大切になってきます。人気カラーや限定品などは売れやすく需要も高いため、高額査定になる可能性があります。サイズに関しても26と30のサイズが人気のため高値が付きやすいです。

しかしひとつ注意したいのが、エルメスのリンディは毎シーズン新しいカラーのバッグが出ており、そのシーズンのトレンドカラーを使用しています。そのため、そのカラーのバッグの需要はそのシーズンだけになり、他シーズンに売ると安くなってしまうかもしれません。

正規品と中古品ではどのくらい価格が違う?

サイズ、素材によって異なる部分はありますが、正規品は安いものでも90万円します。高いものだと104万~105万円ほどになります。

中古品だとサイズなどに関わらず50万円~60万円で購入することができるので、購入を考えている方は中古品で探してみるのもいいかもしれませんね。
 

シンプルだけど付属品で自分らしさを出せるバッグ「リンディ」

エルメスのバッグはシンプルなものが多く、ツイリーなどの付属品で華やかにもなりますし、落ち着いたカラーのバッグを購入しても自分らしくアレンジすることができます。

そしてリンディは独特なボックス型で収納力が抜群です。持ち方や使い勝手が難しいバッグではありますが、ビジネスシーンにひときわ目立つバッグとして持ったり、友達とのお出かけに肩掛けスタイルでワンランク上のオシャレなバッグとして持つのもいいですね。