リサイクルとは違う!?リユースビジネスの仕組みと将来性

最近話題になっている”リユース”をご存知でしょうか。リユースとはリサイクルとは少し違い、持っている不要品を売買することです。リユースビジネスは売りたい人と買いたい人をつなぐだけではなく環境にも優しく、これからますます伸びていきそうですよね。初心者にも始めやすいリユースビジネスの仕組みと将来性について説明します。

リユースとは?

リユースとは?

最近ではどんどん生活が便利になるとともに、限られた資源を無駄に使ってしまうことが問題視されています。資源を無駄にしないで使うためにはリデュース、リユース、リサイクルの3つが重要視されていますが、この3つの区別がつかないという方も多いのではないでしょうか。

まずはこの3つの違いを知って、リユースのメリットを改めて考えてみましょう。

リデュース(Reduce)

リデュースは簡単に言うと消費を抑えることで無駄を出す量を少なくすることです。

リデュースとして代表的なのがスーパーマーケットのレジ袋削減の取り組みです。スーパーマーケットではこれまで無料だったレジ袋に数円の値段をつけて販売したり、マイバッグを持参した人にはTポイントのエコポイントが付与されるなどの特典を付けています。

この取り組みによって今まではレジ袋が無料だからともらっていた人もレジ袋を断るようになり、結果としてレジ袋の消費量は減ることで資源の節減に成功しています。

リユース(Reuse)

リユースは既存のものを捨てずに使い回しをすることです。スーパーマーケットの例で言えば、過去の買い物でもらったレジ袋を再利用することはリデュースにはなりませんがリユースにはなります。

他にも詰め替え用の化粧品などを購入してボトルをすぐに捨てずに中身を入れ替えることで長く使ったり、新品ではなく中古の商品を購入することもリユースになります。最近ではオークションやメルカリを始めとしたリユースビジネスが拡大しています。

リサイクル(Recycle)

リサイクルという言葉を聞き慣れている人は多いと思いますが、その意味を正しく理解している人は意外と少ないのではないでしょうか。人からもらったり買ったりしたものを使うことはリユースではありますが、リサイクルとは違います。正しい意味でのリサイクルは、使えなくなった古いものを新しい資源に変えて再利用することです。

つまり、リサイクルの場合では個人で完結させることはできず、リサイクルの回収ボックスなどに出して業者に加工してもらうことによって新しい製品に生まれ変わることができるのです。

例えば、ダンボールがリサイクルされることによって古紙になるというのがその例に該当します。製品を元の形のまま使い回しするリユースとの違いは、リサイクルではリサイクルされる前と後では別物になってしまうという点です。

リユースビジネスとは

リユースビジネスとは

近年、不要品を販売するリユースビジネスが注目されています。 リユースビジネスとは不要なものを販売して、それを必要としている誰かに再利用してもらうビジネスです。形を変えずに再利用してもらうだけなのでゴミも出ず、購入者は新品にこだわりがなければ欲しいものを低価格で手に入れられることから、市場は拡大しています。

最近では店舗に足を運ぶだけでなくインターネットでリユースビジネスを利用する人も多く、お店に行く手間もかかりません。出品者としては店舗を持つよりも低コストで、買い手が見つかれば売りたいものだけ売れるのが良いですよね。

リユースビジネスで取引されている製品は価格が安いものだけでなく、ジュエリーなどの高級品や時間が経てば経つほど価値が高くなるものなど、非常に幅広いです。フランチャイズでは低リスクでリユースビジネスを始めることができるので、リユース初心者にもとてもおすすめです。

関連記事

未経験から起業をしたい人にとって、フランチャイズオーナーになるというのはひとつの選択肢になります。フランチャイズオーナーになるには開業資金を準備し、フランチャイズに加盟して開業の準備をすることからスタートします。未経験から経営に挑戦したいと[…]

リユースビジネスの仕組み

リユースビジネスにも色々な種類があり、古本やゲームの販売をする店舗や質屋、インターネットを使った販売方法などがあります。古本屋などの以前からある方法では売りたい人がお店に売りたい物を直接持って行き、お店に買い取ってもらってお店が買った値段より少し上乗せした金額で買いたい人に販売します。

また、インターネットを利用したリユースビジネスではオークションのように値段を徐々に上げていき、「一番高額な値段を出す」という人に売ったり、メルカリのように不要品を出品して買いたい人に売る方法があります。

リユースビジネスの仕組みは、利用者が仲介する店舗やサイトに何割か手数料を支払います。そして、リユースビジネスを提供する企業などはその手数料で利益を上げ、販売者は不要品をお金に代えられるメリットがあります。購入者も欲しいものを安く購入できるというのは嬉しいことです。

リユースによってゴミが減って資源の節約ができるので、リユースビジネスの拡大は自然にも優しい良いことなのです。

リユース業界の将来性

リユース業界は現在でもメルカリを始めとしたインターネットを活用したビジネスで成長していて、非常に将来性のあるビジネスだと言えます。

メルカリでは出品者も購入者も無料で利用できるので利益がどこから出ているのかと疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実は販売手数料が10%かかる仕組みになっています。したがって、リユースビジネスは利用者が増えれば増えるだけ儲かる仕組みとなっていると言えます。

2020年にはリユースビジネスの需要がさらに拡大すると言われています。その理由はIT技術が発展することによってCtoCのビジネスも行いやすくなり、素人でも今よりも便利に安くリユースビジネスを行うことができるようになることが予想されるからです。

最近ではアプリを使って誰でも簡単に査定を行うことができるようになりましたし、多くの人は家に使わなくなった不要品があるので、リユースビジネスが拡大することで「自分もやってみよう」と思う人はこれから増加するはずです。

そういった背景もあり、リユースビジネスの市場規模は2020年には1兆8,000億円にも上ると言われ、その将来性の高さで注目されています。

リユースビジネスに必要な知識・スキル

リユースビジネスを始めたいと思ったら、知識やスキルを身につけたり法律を知っておく必要があります。リユースビジネスに携わりたい2つの資格は、古物商許可証とリユース営業士の2つです。

古物商許可証は必ず自分が持っていなければリユースにかかわる仕事に携わることができないという訳ではありません。しかし、この資格を持っている人が1人もいないと営業や買取ができないなどの制限がかかってしまうため、リユースビジネスを始めるなら取得しておいたほうが良いでしょう。

古物商許可証の取得には資格試験を受ける必要はなく、申請をするだけなので簡単です。

リユース営業士の資格は持っていなければ仕事ができないものではありません。しかし、リユース業界で仕事をしたい人には強みとなる資格で、リユースビジネスの仕組みや営業方法などの基本的なことが学べる点から取得をしておいたほうが良いものだといえます。

リユースビジネスに携わる人なら、”資源有効利用促進法”をはじめとした業種や品目にも触れた法律を押さえ、積極的に知識を身につけましょう。

関連記事

FC(フランチャイズチェーン)にはさまざまな業種がありますが、古物FCもそのうちのひとつです。古物を業として査定や売買、または交換する古物商に魅力を感じ、フランチャイズに加盟する方も多くいらっしゃいます。しかし、そこで気になってくるのが「資[…]

古物商 資格

未経験でも成功できるリユースビジネスの魅力

リユースビジネスはメルカリが話題になったことで一気に拡大し、エコなだけでなくこれからも需要の拡大が見込まれるといった点でとても魅力のあるビジネスです。そのリユースビジネスは既にある仲介サイトなどを活用する他、フランチャイズでも始めることができるので未経験でもリスクを低く抑えながら成功できるのが良いですよね。

ぜひ、環境のためにもこれから必要とされて利益を生むこともできるリユースビジネスを始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

最近ではコンビニやショップなどを始めとしたフランチャイズの店舗が多いですよね。実際にフランチャイズオーナーを募集している有名店も多く、「あのお店で経営に携わってみたい」と思う人が、多くのメリットを得ながら未経験からスタートできるのもメリット[…]

関連記事

物が溢れる世の中、ブランド品が押入れなどに眠っていて機能していないというケースは多々あるでしょう。いらない物を買い取って、メンテナンスして誰かに買ってもらうというブランド買取店開業は、これからも環境を考える上で必要な販売方です。また、これら[…]

ブランド買取 開業