現グッチもオールドグッチも!偽物財布から逃れるための本物の見分け方

ブランドの元祖と呼ばれるハイブランド、グッチ。1921年のイタリアで皮革製品の製造から始まったこのブランドは、さまざなな歴史を経てまもなく創設100年を迎えようとしています。ハイブランドの中でも安価なものは比較的リーズナブル、特に財布はコストパフォーマンスに優れているとも言われるグッチ。だからといって不自然に安価なものを購入するのはNG!今回はその簡単な見分け方についてまとめました。

グッチの偽物財布について知っておきたいこと

SUCLE(シュクレ)🍭さん(@sucle_)がシェアした投稿

世界で初めてデザイナーの名を製品に刻んだこと。それこそが、グッチがブランドの元祖と呼ばれる理由です。品質を保証し自信を持って名乗ることで「この職人にしか作れないもの」を強く打ち出し、長きにわたって製品の価値と職人の誇りを高めていく。だからこそハイブランド製品に粗悪品は存在しませんし、許されません。

この基本的かつ肝心な要素を無視し「ブランドの名前やデザインといった上辺だけを盗用」して本物だとかたり販売する、それが偽物であり、近年では特にスーパーコピー品と呼ばれるものに当たります。グッチだけではなく、ハイブランドには必ずついて回るものと言ってよいでしょう。

なぜスーパーコピー品が出回るの?

そこに(不正な)利益があるためです。ハイブランドにおいては素材や縫製技術は命であり、ブランドのロゴや刻印などはその証明にほかなりません。一方で偽造品は、当然ですが本物と比べ素材を自由に選べます。縫製も特に指定の職人がいるわけではありません。

市場に出回っているコピー品は本物と比べると大幅に安価なのが特徴ですが、それでも購入者が出れば充分に元を取れる、その程度の出来なのです。もちろん、肝心のブランドには一銭も入りません。

ブランド品のスーパーコピー「N級品」と呼ばれる偽物を買うことにメリットはある?

オールドグッチとは?

@kumahan7がシェアした投稿

グッチは波乱万丈のお家騒動が起きたブランドでもあります。経営難のすえにブランドを売却し、一族が経営から閉め出され、最終的にはグッチ家は完全にブランドから撤退することとなってしまいました。

1994年にクリエイティブディレクターに就任したトム・フォードは過去にグッチが作り出した製品を現代風にアレンジして発売、再びグッチの人気を取り戻すことに成功します。

しかしグッチオ・グッチが亡くなり一族が無関係となった今でも、「グッチの製品はグッチ一族が手がけたものだけ」という主張があるのも事実です。その最たるものがオールドグッチと呼ばれる分類でしょう。

これはグッチ一族がデザインを手がけていた1980年代までのグッチ製品を指し、コレクターの間では現在のグッチとは明確に分けて扱われているものなのです。

パオロ・グッチとは?

パオロ・グッチというブランドを聞いたことがある方もいるかもしれません。偽物ではありませんが、グッチ自体と関係があるかというとそれもまた難しいところです。

グッチの創設者グッチオ・グッチの孫のひとりであるパオロは、ハイブランドとは全く方向が異なる大量生産・低価格化によって多くの人にグッチを着用してもらおうと強く考えていました。そのこだわりがグッチの経営方針と対立し、結局追い出されてしまいます。

それでもグッチの名を捨てきれずに掲げたブランドが「パオロ・グッチ」。パオロはデザイン能力こそ優れていましたが、その信念によりどうしても低価格帯に見合った品質から抜け出せません。ハイブランドを固持し続けるグッチとはまったく別物のブランドであると考えるべきでしょう。

グッチの偽物財布の見分け方

馬具などの皮革製品から始まったグッチ。その実用性や耐久性を遺憾なく発揮するのはやはり、バッグや財布など頑丈さが求められるアイテムでしょう。特に冒頭に書いたように財布はコストパフォーマンスに優れ、ブランド初心者でも手が届きやすい逸品です。ということは偽造品も手が届きやすく、氾濫しているということ。

今回はその見分け方について簡単にご紹介します。

コントロールカードとは?

グッチの製品には「コントロールカード」と呼ばれるカードが入っています。ギャランティカードなどの保証書の類とは異なり、検品済を証明するためだけの簡単なカードですが、無機質に並んだGUCCIのロゴと数字には意味があります。本物はこの数字部分がランダムに欠けているのです。

最近のコピー品は日々進化しています。偽造品業者がそういったカードの存在を見逃すことのほうが少ないかもしれませんが、新品と言いながらコントロールカードがどこにもない場合は疑ってみるべきでしょう。

刻印やロゴをよく見てみよう

グッチの財布のレザー部分には必ず「GUCCI made in italy」と刻印されています。この刻印はしっかりと鮮明に刻まれており、また「U」は左側が太く右側が細いやや不均等な形で表されています。「C」は右端が上下とも断ち切られたように鋭角です。

これらの条件に当てはまらず、ぼやけていたりかすれていたりするものは、偽物の可能性が高いと言って良いでしょう。

また、グッチ製品の皮革はGとGが向かい合うようなモノグラムで構成されていることがありますが、GGではなくCCであったり、妙に丸かったりすることが偽物にはあります。これについては素人目でも判別がつくため、本物のモノグラムをグッチの公式サイトなどで確認して頭に入れておきましょう。ぼやけていたりするものも要注意です。

なお、オールドグッチに関しては話は別です。かつて刻印はゴールドのプリント式だったため、型押し品にこそ偽物の可能性があるのです。

その他にも筆記体であったり、刻印とは無関係そうな番号(職人さんにあてがわれた番号のようです)が刻んであったり…。留め具やロゴの形も驚くほど多種多様で自由なため、現行モデルとは一転、比較対象がなければ難しいポイントかもしれません。

ハイブランドは金具までこだわるもの

ファスナーの動きがなめらかであること、金具の形や大きさに違和感がなくデザイン的にスマートであること。ボタンであれば開閉時にちゃんと手応えがあること。これがハイブランドにおける最低限の確認事項です。

現在のグッチにおいても使われているようですが、オールドグッチではロゴが特に目立つのが日本企業YKKのファスナー。普段見慣れている金具はグッチに認められた日本の技術の粋です。この点においては偽物ではないのでご注意ください。

肝心かなめの内装

外装の体裁だけ整えて内装がおろそか、というのはコピー品によくあることです。革素材の内装が安っぽいポリエステルだったり、糸の始末がお粗末な縫製だったり…ということは珍しくありません。カード入れの部分が縫われていて実際には使えないなんてものも。隅々まで細かく確認しましょう。

オールドグッチに関してはひとつ注意点が。中を開いて見ると、べたついたり粉が吹いたりといった明らかな異常が起きていることがあります。これは経年劣化と環境の変化によるもので、本物の証と言っても良い現象。グッチやしかるべき業者に持ち込めば修理した本物を使えるようになります。

偽物を見分けるために!グッチの財布購入時に気をつけたいこと

なみへいさん(@namimamihei)がシェアした投稿

購入時に気をつけるべきこと、それは偽物を避けることに他なりません。グッチの店舗や公式サイトで購入するのが一番安全な手段なのは確かですが、そこはハイブランド、簡単に手が出せるものではありません。

もう少し値段が下がらないかな…と思いながら探しているうちに、「セール!」「アウトレット」などといった文言が目につくように。果たしてこれはチャンスなのでしょうか。

正規品とアウトレットに違いはある?購入時のメリットデメリット

新品のセールはありえる?

結論から言うと、日本国内におけるハイブランドのセールやアウトレットは通常ありえません。名のある百貨店が得意客に向けた限定販売ならまだしも、何の変哲もない通販サイトで行われることはまずないでしょう。

ハイブランドは価格を下げて多く売る薄利多売とは対極の位置にあり、無意味な安売りはブランドの価値と名を貶めるだけで何の利益も生み出さないのです(グッチの経営とパオロ・グッチが対立した理由ですね)。

ハイブランドの本物をうたっているとしても、大幅に割り引いているのであれば偽造品の可能性は限りなく高いと言えます。甘い言葉にはだまされないようご注意ください。

アウトレット品は偽物?中古?ブランド品の品質と安い理由・買取に出すときの注意点

直接購入も通販も、お店選びが何より大事

では公式以外で確実に本物を、定価より少しでも安く購入する方法はどこにもないのでしょうか?実は少しだけ工夫する方法ならあります。

  • 有名百貨店のクレジットカードを作りポイント還元を狙う
  • チェーン店が複数ある身元の確かな業者で、中古品や並行輸入品を購入
  • AACD(日本流通自主管理協会)に加盟している店を選ぶ
  • 実績のあるファミリーセールのサイトに登録

いずれも大切なのは「実績があり、万が一偽物であった場合も補償が確約されている」点です。うっかり偽物を掴んでしまったものの返品不可能、という事態こそ、もっとも避けるべき事故でしょう。

日本流通自主管理協会(AACD)とは?ブランド品を扱うなら加盟は必須?

グッチの偽物財布を見極めるためのまとめ

コピー品は買い手の気持ちを傷つけるだけにとどまらず、デザインやロゴを盗みブランドの名や価値を貶める犯罪の成果物です。購入を避けるのはもちろんのことですが、騙されてしまってはどうしようもありません。悲劇が起こることのないよう常日頃から見分け方についての知識をつけておく、その一助になれば幸いです。