フランチャイズ経営の仕組みとは?メリットや問題点・契約の流れを解説!

自分の好きなお店や有名店での経営に携わることができるフランチャイズは経営初心者に人気がありますよね。しかし、その仕組みを理解していなければ利益を得ることができなかったり、本部からの契約による縛りが厳しいことにやりにくさを感じることになるかもしれません。フランチャイズ経営でのメリットや契約の流れについて詳しく解説します。

フランチャイズ経営とは

フランチャイズ経営とは

街中でよく見かけるお店にも直営店とフランチャイズのお店があります。その違いは消費者にとってはあまりわかりにくいかもしれませんが、実はコンビニや飲食店、ブランド買取店まで幅広い業種でフランチャイズ加盟店が営業をしています。

そのようなフランチャイズビジネスは元々アメリカで生まれ、現在では日本の国内でも全国でたくさんのフランチャイズ加盟店が経営を行っています。

一般的に本部はフランチャイザー、フランチャイズ加盟店はフランチャイジーと呼ばれています。フランチャイズ経営が行われるようになったのは本部と加盟店の双方にメリットがあるからです。

その仕組みは本部が加盟店にその企業の商標やノウハウ、商品などの使用権利を与える代わりに、本部はロイヤリティとして売上からその使用料を支払うというものです。フランチャイズ経営を上手に活用すれば、本部のブランド力やノウハウを活かしながらフランチャイズオーナーとして憧れのお店で働くことができるのです。

関連記事

最近ではコンビニやショップなどを始めとしたフランチャイズの店舗が多いですよね。実際にフランチャイズオーナーを募集している有名店も多く、「あのお店で経営に携わってみたい」と思う人が、多くのメリットを得ながら未経験からスタートできるのもメリット[…]

直営店との違い

フランチャイズと直営店の違いは簡単に言うと企業に雇用されている社員であるか、企業との雇用関係はないかという点です。

直営店では従業員に給料を支払っていますが、その店舗の売上は基本的に全て会社のものになります。それに対してフランチャイズ加盟店では本部との契約は結んでいますが雇用関係はありません。したがって、フランチャイズのオーナーにはロイヤリティの支払いや本部と結んだ契約内容を守る義務などは生じますが、上手くいけば儲けることができます。

フランチャイズオーナーは制約があるために企業のブランドイメージと正反対のお店作りをすることはできませんが、在庫数を自分で決めることができるなど自由度の高い経営を行うことができます。

そのお店で働きたいと思った時に雇用されて安定して働きたいと思うなら企業の従業員として直営店で雇用されるのが良いですが、ノウハウを得ながら経営に携わってみたいと思うならフランチャイズ加盟店で働くことをおすすめします。

フランチャイズ加盟店で働くことによってゼロからスタートする訳ではなく、既にあるブランドイメージを利用しながらオーナーとして経営に携わることができるというのは魅力的なことですよね。

フランチャイズと代理店の違い

フランチャイズと代理店はどちらも本部の直営店ではありませんが、その内容は大きく異なります。

代理店は本部から委託されて商品を販売する形態となっていて、複数の企業の商品を扱っていることもあります。本部が代理店を利用する例としては、自社で販売は行わないメーカーなどが挙げられます。

フランチャイズとの違いは、代理店は本部に販売のための指導を受けることはありません。さらに、ロイヤリティを支払うのではなく、手数料をもらう仕組みとなっています。代理店ではフランチャイズと違って契約による縛りはあまりなく自由度も高いというメリットがあります。

しかし、その一方でフランチャイズと異なり本部からのサポートが手厚くはなくブランド力も活かせないため、既存の顧客を持っていなければ経営は厳しくなります。そういった意味でも、企業の初心者により向いているのは代理店ではなくフランチャイズ経営であると言えます。

フランチャイズ経営の仕組み

フランチャイズ経営の仕組み

フランチャイズチェーンによる市場規模はかなりの大きさで、フランチャイズによる売上高は約25兆円にも上ると言われています。そして、その売上は毎年右肩上がりになっていて、今後も市場規模が拡大されていくことが予想されます。

そのようなフランチャイズ経営の仕組みは、本部であるフランチャイザーと加盟店であるフランチャイジーの2つから成り立っています。

フランチャイズの本部は自社の従業員によって営業されている直営店だけでなく、加盟店である店舗にも営業を行ってもらいます。そして、企業の知名度を上げたりロイヤリティを得ることによって、さらに売上を上げることができるのです。

逆に、加盟店は既に確立された企業のイメージがあるので顧客の獲得をし、売上をアップさせることが期待できます。

一般的に消費者は直営店であるかフランチャイズであるかにはこだわっていないですし、本部との契約内容からも消費者目線で見れば直営店と大幅な違いはありません。したがって、フランチャイズの加盟店であれば本部の提供する商品のファンを比較的簡単に取り込むことができるでしょう。

ロイヤリティ

ロイヤリティとはフランチャイズ加盟店が本部に支払う対価のことです。

フランチャイズでは本部の商標を使用する権利が得られたり本部による研修、原価を抑えながら仕入れをするルートの確保などのサポートが受けられます。そして、そのサポートを受ける代わりにフランチャイズオーナーに支払義務が生じるのがロイヤリティと呼ばれる対価です。

ロイヤリティには主に粗利分配方式、売上歩合方式、定額方式の3つがあり、本部側が提示する契約によってどの方式に当てはまるのかが異なります。具体的には、粗利分配方式は粗利益のうち決められた割合をロイヤリティとして本部に支払います。そして、売上歩合方式は売上のうちから決められた割合を支払います。

どちらもその割合が何%になるのかは企業によって異なります。定額方式は売上の金額などにかかわらず、定額を本部に支払う方式です。

他にも、ロイヤリティフリーと呼ばれるロイヤリティが無料の方式もありますが、実はこの場合はロイヤリティという名前で対価は取っていなくても、材料費など他のものを割高にして対価を取っている可能性があるので注意が必要です。

本部の役割

フランチャイズの本部は加盟店からロイヤリティを得ているため、本部としての役割を果たさなければいけません。本部の役割はいくつかありますが、そのうちのひとつが加盟店のリスクを抑え、加盟店が利益を上げられるようにフォローやサポートを行うことです。

本部は加盟店が経営に失敗しないように研修を行ったり、売上をアップさせるための宣伝をします。また、加盟店が在庫切れによって売上の機会を逃さないように仕入れの役割を担っています。

フランチャイズの本部と加盟店には深い関わりがあり、加盟店が赤字になってしまうと本部の経営にも影響します。

ロイヤリティが定額の場合にはあまり本部側にマイナスの影響がないように思えるかもしれませんが、加盟店の経営状態が良くなければ加盟店は経営を続けることができなくなってしまいます。だからこそ、フランチャイズの本部は加盟店と契約をしたら放置をせずに、しっかりとサポートを行って売上をアップさせるための手助けをしているのです。

フランチャイズ経営のメリット

フランチャイズ経営のメリット

フランチャイズ経営をすることは起業家にとって非常にメリットの高いものですが、具体的にフランチャイズ経営のどんな仕組みが有効なのでしょうか。その3つのメリットをひとつずつ確認していきましょう。

起業にかかるコストを削減できる

企業に雇用されるのではなく、自分で経営をしてみたいと思う人は意外と多いですよね。その中で実際に起業するなどの行動を起こせない人の中には、起業をすることに対してのリスクや出費が大きいことが関係しています。開業をするには出費が多く、人件費や家賃、広告宣伝費など様々なことにお金がかかってきます。

また、消費者は新しいものよりも既存の人気店を選ぶことも多く、まず開業したお店を知ってもらって既にどこかのお店のファンである顧客を引っ張ってくるのは簡単なことではありません。そして、個人で開業をする時にはそのような宣伝や開業のための手続きなどを全部ひとりでやる必要があり、そのうえで収益を上げるのはとても大変なことなのです。

フランチャイズではロイヤリティを支払う必要がありますが、宣伝などは本部が担ってくれて結果的に削減できるコストが大きくなります。そのため、フランチャイズ経営はリスクを抑えながら経営を成功させたいと思っている企業家には向いていると言えるでしょう。

本部のブランド力を経営に活かせる

フランチャイズ経営の最大の魅力は、本部のブランド力を経営に活かせるという点でしょう。本部が全国に店舗があるような有名なお店である場合、消費者の誰もが知っていて安心して購入できるような商品を扱っている可能性も高いですよね。

そして、そのブランド力のおかげでお客様が足を運んでくれる可能性も高くなります。フランチャイズ経営は目立った個性を経営に活かすことはできませんが、どこのお店に行っても同じという安心感があり、そのお店の看板があるからこそ消費者に選んでもらいやすくなるのです。

本部からのサポートを受けられる

フランチャイズ経営はただ本部の看板を使えるだけでなく、本部からのサポートを受けることができます。本部からのサポートの内容には営業に必要な宣伝費用や販売ルートの確保、販売のための研修などが含まれます。

これらのサポートがリスクを抑え、売上をアップさせるフランチャイズ経営の成功のために欠かせないメリットだと言えるでしょう。

フランチャイズ経営の問題点

フランチャイズ経営の問題点

メリットが大きいフランチャイズ経営でも問題やこれから解決していきたい課題点は必ずあります。フランチャイズ経営が失敗しやすい原因や、その解決法を紹介します。

本部とのつながりが強い

フランチャイズでは本部とのつながりが強いため、契約の内容によって制限されてしまうことも多くあります。契約内容やマニュアルが優先されるため、自分がオーナーだからといって勝手に臨機応変に対応するといったことができません。

例えば、売上が上がらないから解約したいと思っても契約上の問題で解約ができないというのもそのひとつです。本部の評判や宣伝力がお店の利益になるのはメリットですが、逆に本部や支店で不祥事や問題が起こった時に消費者が離れていってしまうなどのマイナスの影響を受けることもあります。

本部にロイヤリティを支払う必要がある

フランチャイズの店舗は本部からの手厚いサポートを受ける対価として、ロイヤリティを支払わなければいけません。

売上が大きい店舗にとってはロイヤリティを支払っても利益を上げることは難しくないですが、場合によってロイヤリティを支払うことでマイナスの方が大きくなってしまう加盟店もあります。だからこそ、フランチャイズを始める時にはロイヤリティの金額や仕組みのこともしっかりと本部に確認する必要があります。

競合事業の経営への規制がある

フランチャイズの本部によっては、契約を終了した後に競合事業を行うことを禁止する契約を結んでいる場合があります。したがって、まずはフランチャイズ経営から始めていずれは自分のお店を持ちたいという人は、自分のお店を持つことができなくなってしまう可能性もあります。

フランチャイズ経営をするだけでなく将来的には起業をしたいという方は、フランチャイズに加盟する時にその規制がないかを確認することが必須となります。

フランチャイズ本部の調べ方

フランチャイズ本部の調べ方

初めてフランチャイズに加盟するという方は、どんな業種があってその中でもどの本部を選ぶべきかということがわからないのではないでしょうか。フランチャイズ本部の調べ方や最低限知っておくべき内容を把握し、フランチャイズ経営を成功させましょう。

何を使ってフランチャイズ本部を調べたら良いのか

フランチャイズ本部について調べる方法はたくさんありますが、具体的には何を使って調べれば正しい情報が得られるのでしょうか。フランチャイズ本部を調べる時に使うべき4つの情報源を紹介します。

新聞や情報誌

最近はインターネットの普及によって新聞や情報誌を見る人が少なくなっているかもしれませんが、新聞や情報誌ではフランチャイズについて役に立つ情報を得ることができます。

新聞では日本流通新聞の他、一般の新聞でもフランチャイズ加盟店の募集をしていたり、有効な情報が載っている特集が組まれています。さらに、情報誌などの雑誌でもフランチャイズについて取り上げられているので、フランチャイズに加盟したい人は誌面で情報を集めてみるのも良いでしょう。

インターネットの活用

インターネットは最も手軽にフランチャイズについての情報を集めることができるツールです。ただし、インターネットには様々な情報があふれていて、中には日本フランチャイズチェーンの正会員ではない企業や、怪しい企業も含まれています。

フランチャイズ経営で失敗をしないためには、インターネットを利用してできるだけ多くのフランチャイズ本部に資料を請求し、じっくりと比較して検討するのが良いかもしれません。

フランチャイズ本部が集まるイベントに参加

フランチャイズ本部の中には、フランチャイズに加盟したいと考えている人を対象にしたイベントに参加する企業もあります。このようなイベントはフランチャイズ本部とフランチャイズオーナーを目指す人の出会いの場でもあります。

ほとんどの場合は説明会や相談会として行っているので気軽に説明を聞くことができますし、一度に複数のフランチャイズ本部の説明を聞くことによってそれぞれを比較することもできますよね。対象となる人が多く勧誘もあまりないので、気になるフランチャイズ本部が参加しているイベントがあればぜひ足を運んでみてください。

フランチャイズ本部を訪問する

フランチャイズ本部をある程度絞ったら、気になる本部やパンフレットだけではわからない点がある本部を直接訪問するのもおすすめです。この時に加盟するように強く言われることもあるかもしれませんが、できるだけその場の勢いだけでは返事をせずに後で検討してから返事をするのが良いでしょう。

フランチャイズ本部を訪問する時は事前に聞きたいことを準備し、訪問した結果を参考にどのフランチャイズに加盟するかを決めましょう。

どんなフランチャイズ本部があるのか

最近ではたくさんのフランチャイズ本部がありますが、フランチャイズ本部の種類には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。加盟してから後悔しないためにも、本部のことをよく調べ、自分に合った本部に加盟してからフランチャイズ経営をしていくことが大切です。

業種は多岐に渡る

フランチャイズの業種は飲食や小売、サービス業など多岐に渡ります。特に始めやすいもののひとつが小売業で、フランチャイズ経営で小売業を選ぶメリットは、小規模のスペースで始められたり既に需要のある商品を使って売上をアップさせられることです。

小売業の中にはコンビニからブランド品や貴金属の買取販売まで、幅広い業種が含まれています。自分の興味のある業種で経営をしてみたいという方にも、さまざまな本部から選べるフランチャイズはおすすめです。

日本フランチャイズチェーンの正会員であるか

フランチャイズというワードで調べた中にも、日本フランチャイズチェーンの正会員ではない企業が含まれていることがあります。日本フランチャイズチェーンの正会員であれば確実に成功するという訳ではないですが、資格が必要でどの企業でも簡単に加盟できるものではないといった点からも、フランチャイズ経営を考えている側からすると安心して加盟できるポイントにはなりますよね。

フランチャイズに加盟する前に調べておくべきこととは

実際にフランチャイズに加盟する前に調べておくべきこともいくつかあります。次の4つのポイントをフランチャイズに加盟する時の比較材料にすると良いでしょう。

必要な資金やロイヤリティの金額

フランチャイズとは言っても本部が必要な資金を全て出資してくれる訳ではなく、売上の中から本部に渡すロイヤリティもあるのでフランチャイズオーナーはある程度資金を準備しておかなければいけません。

フランチャイズ加盟時に必要な初期費用は決して安くはなく、中には2,000万円を超えるほどかかると言われている企業もあります。この資金を全て揃えていなければいけない訳ではないですが、足りなければ融資を受ける必要があります。

経営理念

フランチャイズ経営では本部の経営理念に共感できるかといったことも大切です。なぜなら、フランチャイズ加盟店は本部の指示に従わなければいけないことも多いからです。複数の企業を比較して選ぶ時には、その経営理念も把握して共感できるかどうかといったことも基準に考えてみてください。

店舗数

フランチャイズ加盟店を募集している企業には直営店とフランチャイズ加盟店の2種類がありますが、店舗数が多い企業はそれだけ消費者から認知されているという強みがあります。店舗数は全体を見るだけでなく、直営店とフランチャイズ加盟店の内訳を知ることも大切です。

フランチャイズ加盟店の割合は、その企業がフランチャイズ経営をしやすい企業であるかを考える上でとても参考になります。

将来性

最近では、以前は売上が下がることが予想されなかった事業でも新しいものができたことによって売上が急激に下がることが多いですよね。先のことを予測するのは難しいですが、他社や他の事業のことを想像して10年先でも需要があるかを考える必要があります。

自分のやりたい仕事だけでなく、気になることは調べたり本部に質問して慎重に開業の準備を進めましょう。

フランチャイズ契約の流れ

フランチャイズ契約の流れ

フランチャイズ経営は契約してからスタートすることになりますが、契約の流れや仕組みはどのようになっているのでしょうか。

開業までには次の4つの過程があります。

業種や企業を比較して絞りこむ

フランチャイズで最も大切なことは、自分に合っていて失敗などのリスクが最低限に抑えられる業種や企業を選ぶことです。今失敗しないかだけではなく、将来的にも長く成長していけそうかを考えてその候補を絞りこんでみてください。

フランチャイズ本部や加盟店について詳しく調べる

業種をある程度絞り込んだら、フランチャイズ本部や加盟店のことを詳しく調べてみましょう。この時に契約内容について改めて確認したり、実際に本部や加盟店を訪れてみるのもおすすめです。

よく調べずに決めたり、複数から比較しなければ失敗したと思うこともあるので注意してください。調べることによって自分がフランチャイズ経営をした時のイメージも湧きやすくなるはずです。

企業に加盟の申し込みをする

加盟をする企業をひとつに決めたら、本部に加盟の申し込みをします。実際に加盟をするということを決めた時点で加盟申込金わ支払うことも多いので、本当にその企業で良いかはしっかりと考えてから加盟の申し込みや契約をすることが大切です。

開業の準備をする

フランチャイズに加盟をしたらいよいよ開業の準備をします。

開業までには開店準備の他、本部による研修もあるので1年くらいの時間がかかることが多いです。加盟を決めたらすぐに始められるのではなく、成功のために時間をかかるということを覚えておきましょう。

関連記事

フランチャイズ加盟店での開業は、個人事業主という形態になります。そのため、開業届を提出するのが一般的です。しかし中には開業届を出さないまま、事業を行なっているフランチャイズ加盟店もあるでしょう。本当のところ、開業届を提出するメリットはあるの[…]

フランチャイズ 開業届

ブランド買取のフランチャイズ市場

ブランド買取のフランチャイズ市場

最近ではブランド買取の需要が高まってきていると言われていて、そのようなブランド買取はフランチャイズからでも始めやすい事業のひとつです。フランチャイズ経営の中でもブランド買取を選ぶべき理由を紹介します。

ブランドはリユース市場の中でも最大規模

近年市場が拡大しているものの中に、メルカリを始めとしたリユースがあります。ブランドはリユース市場の中でも最大規模で、安く欲しいブランドを持つことができるので消費者からのニーズが高まっています。

消費者からのニーズが高ければ高いほど売上はアップしますし、ブランド買取では飲食のように賞味期限が切れたら捨てるなどの無駄もなく、環境に優しい事業でもあります。

関連記事

最近話題になっている”リユース”をご存知でしょうか。リユースとはリサイクルとは少し違い、持っている不要品を売買することです。リユースビジネスは売りたい人と買いたい人をつなぐだけではなく環境にも優しく、これからますます伸びていきそうですよね。[…]

リユースビジネス

フランチャイズ初心者におすすめの理由とは

ブランド買取は市場の拡大が見込めるだけでなく、フランチャイズ初心者にも始めやすいといったメリットがあります。その理由として、小規模のスペースでできるため家賃などの経費を抑えられ、フランチャイズオーナーの投資が少ないことなどが挙げられます。

また、リユースなので景気に左右されにくく、新しく物を作る訳ではないので他業種に負けてしまって大幅に影響を受けるというようなことはありません。

関連記事

物が溢れる世の中、ブランド品が押入れなどに眠っていて機能していないというケースは多々あるでしょう。いらない物を買い取って、メンテナンスして誰かに買ってもらうというブランド買取店開業は、これからも環境を考える上で必要な販売方です。また、これら[…]

ブランド買取 開業

フランチャイズ経営で利益を上げる方法とは

フランチャイズ経営で利益を上げるためには、フランチャイズがどういった仕組みかを理解し、その中から自分に向いている業界を選ぶことです。

最近のフランチャイズでは店舗だけでなくインターネットを利用しているものもあるので、そのようなオンラインストアを活用してみるのも良いでしょう。本部を上手く利用し、フランチャイズオーナーはロイヤリティ以上に売上を上げられるように、契約でできる範囲で工夫してみることが大切です。