エルメス『ガーデンパーティー』はサイズ・素材・色が豊富!キャンバス地のお手入れ方法もご紹介

エルメスと聞いてどんなイメージが浮かびますか?エレガントなマダムが持つケリー、気高いキャリアウーマンに愛されるバーキン…いずれにせよセレブの代名詞なのは間違いありません。一般的には購入にもコーデにも気を遣うハイブランドですが、そのエルメスにも不思議と親近感の湧くカジュアルなバッグがあること、ご存知ですか?

エルメス『オータクロア』は「ポストバーキン」と呼ばれる名品!サイズや買取・中古相場

エルメスと言えば「バーキン」、「ケリー」など女性の憧れバッグとしても知られているブランドですが、そんな「バーキン」の原型デザインと言われている「オータクロア」をご存知でしょうか?今回は、そんな『オータクロア』について、その魅力やバーキンとの違いなど気になる情報をご紹介いたします。

ブランド品についているシリアルナンバーにはどんな意味があるの?偽物にもついているって本当?

シリアルナンバーという言葉を耳にしたことがある方は多いと思いますが、このシリアルナンバーとはどのようなことを意味しているのでしょうか。今回はブランド品におけるシリアルナンバーの意味と、それがあることで何が分かるのかを解説していきます。

ブランド品を売るならどこがいい?ネット・買取店・委託販売のメリットやデメリットを徹底解説!

不要になったブランド品は「売る!」が正解です。それも売る方法や売る相手先を選んで売ることが大切で、きちんと下調べをしないで売ると損をしたり、トラブルに巻き込まれたりしてしまいます。ブランド品を売る方法についてよく知り、気持ちよい取り引きをしましょう。

ディアスキンとは?レザーのカシミアとも言われる革の特徴やお手入れ方法

レザーのカシミアとして優しい手触りが特徴のディアスキンは、日本人にとって馴染みのある素材です。ディアスキンと聞くと、傷つきやすいので扱いづらいものと思われがちですが、実は他の革に比べると革自体に脂が多く含まれているので、お手入れが簡単で非常に扱いやすい素材です。今回はディアスキンの特徴や種類、万が一汚してしまった場合の対処方法とディアスキンのアイテムを手に入れる前に知っておきたい情報を紹介します。

偽物のブランド品は買取不可!持ち込んだ商品が偽物だったら犯罪?返金?

自分が持っているブランドを買取店に持って行き、買取を断られた場合、綺麗で傷もないのにどうしてだろうと思うでしょう。もしかしたら、それは偽物かもしれません。インターネットなどでコピー品すなわち偽物を売っていることがあります。その偽物を買取店に持っていったらどうなるのでしょうか。

ハミルトンの『カーキフィールド』とは?時計初心者こそ着けたい重厚な存在感と魅力に迫る

正確で精密で壊れにくく、ハイセンス。必要な性能をこそ求めてたどり着くのが高級腕時計ですが、同時に高価格や資産価値の代名詞にもなっているのは否めません。しかし、もし手の届く価格でそれらの条件を満たしている腕時計があったら?今回はその夢をかなえるウォッチメーカー「ハミルトン」の逸品、『カーキフィールド』についてご紹介します

ブランドの紙袋は買取できる?できない?売れる場所や値段はいくら?

シャネル、グッチなどのブランド品を購入したとき、立派なショップ袋に買ったものを入れてくれます。しっかりした作りで型崩れしないような素材で、デザインもおしゃれな紙袋ですが、ブランドショップの紙袋を捨ててしまうのはもったいないですね。このブランドショップの紙袋は買取専門店で買い取ってくれるのでしょうか。

エルメス『リンディ』のカラー・サイズは?高値で買取してもらう秘訣はある?

独特な形が特徴のエルメスのバッグ『リンディ』はどうして人気なのでしょうか?その秘密である、サイズや素材、リンディのアレンジの仕方などをご紹介いたします。また、中古で購入を考えている方や買取を検討している方にも参考になるような価格についてもまとめました。

ティファニーの定番「オープンハート」のピアスが人気上昇!そのサイズや価格・ 付け方

ティファニーはハリーウィンストン、カルティエ、ブルガリ、ヴァンクリーフ&アベールとともに世界5大ジュエリーに当たるアメリカの有名ブランドです。一度は憧れるブルーの箱はもちろん、ティファニーといえば「オープンハート」のデザインが有名ですよね。最近、このティファニーのオープンハートが再熱し、中でもピアスが注目されています。今回はオープンハートのピアスについて詳しく紹介します。