プラダの財布のコピー品と本物の見分け方!激安や代引きの通販サイトには要注意!?

シンプルなデザインでカジュアルにもフォーマルにも持てるPRADAの財布はとても人気です。そのため、たくさんのコピー品が出回っています。ブランドを傷つけかねないコピー品に騙されないように気を付けたいことを紹介します。

老若男女から人気のPRADAの財布

プラダはイタリアを代表する人気ファッションブランドで、なかでも財布はシンプルなデザインにカラーバリエーションが豊富で老若男女問わず人気の商品です。

プラダと言えばナイロン製品が有名ですが、最近では牛革を使った財布がも人気がでていいます。

プラダの人気の財布シリーズ サフィアーノ

サフィアーノとは牛革を使った製品のことを言い、最近人気を高めています。高級感をだしてくれつつ、キズや汚れに強いことが特徴です。シンプルなデザインが多く、どんな場面でも使いやすい財布です。

プラダの定番の財布シリーズ ポコノ

ポコノとはナイロン素材のことをいい、プラダでは定番のシリーズです。防水に優れ、軽く、耐久性もあります。革製品に比べてリーズナブルに購入できます。

プラダの財布のコピー品と本物の見分け方

逆三角のプレートに注目

プラダの製品でよく見かける、ロゴの入った逆三角形のプレートに注目してみましょう。

@l0veandpeace1019がシェアした投稿

  • ビスの大きさ
    プレートは3つの角にビスがついています。この3つのビスが同じ大きさであることを確認しましょう。1つでも違ったり、形がおかしいものがあればコピー品の可能性があります。
  • 接着剤はみだしてない?
    プレートを付けている接着剤がはみ出していないか、見てみましょう。コピー品はところどころを雑に作っていることが多いです。このようなことがあったらコピー品です。
  • まっすぐ、綺麗になっているか
    プレートがまっすぐに付けられて、中に書かれている文字が綺麗か確認しましょう。コピー品はすこし、斜めになっていたり、文字が潰れてしまっている場合があります。

PRADAのロゴをよく見よう

PRADAのロゴのRには特徴があります。Rの右下の足に切れ目が入っていて、ひし形のようになっているものは本物です。よくみればわかりますが、切れ目の入っていないRが使われているロゴはコピー品と言えます。

金属部分は綺麗?

財布にはファスナーが付けられています。ファスナーの金属部分が綺麗であることを確認しましょう。金属部分が波打っていたり、錆びているものはコピー品です。

藍衣さん(@buymahk)がシェアした投稿

プラダのギャランティーカードについて

プラダでは革製品のみにギャランティーカードが付いてきます。そのため多くの財布にはギャランティーカードがあるので確認しましょう。ロゴが間違っていたり、文字が汚い、太すぎるなどものはコピー品です。最近はギャランティーカードをも本物そっくりに作られていることが多いので、注意深く見てみましょう。

コピー品が売られる代引きの専門店や激安通販に注意

ネットではスーパーコピー品を専門に売っている通販サイトが数多く存在します。これらのサイトは中国からのものが多かったりと、違法にも関わらずなかなか減らない状態にあります。

コピー品のランク

コピー品のランクには、素人が見てもわかるようなAランクから、かなり精巧につくられているNランクまであります。

Nランクになると簡単には見分けがつかないほど本物そっくりに作られていますが、Aランクと同じ偽物です。惑わされないようにしましょう。

コピー品と分かって購入するのはやめよう

コピー品を販売することは違法になりますが、購入は違法にはなりません。しかし、コピー品を持っていた場合、そのものを没収される可能性があります。安いからと、偽物とわかっていいてコピー品を購入するのはやめましょう。

プラダの財布のコピー品の買取について

コピー品の買取はできませんが、査定してもらって「これはコピー品です」と言われることもありません。法律上、コピー品の買取は違法にあたるので、取り扱えないと言われます。

しかし、使用に難があるほどのキズがあるものや、生地の劣化やはがれが見られるものも取り扱えない場合が多いので、取り扱えないからといって偽物であると決めつけないように注意しましょう。

プラダの財布のコピー品は購入しないように気をつけよう

コピー品は安く、ネットで簡単に購入できる環境にあるため多く出回っていますが、ブランドを傷つけていることも確かです。PRADAというシーンを問わず使えるシンプルなデザインが特徴のブランドを大切にするためにも、正規品を購入するようにしましょう。

また、素人にはわからないコピー品はたくさんあります。詳しく知りたい場合には一度専門の人に査定してもらうことも大切です。