プラダの偽物を見分ける方法は?激安や代引きの通販サイトには要注意

シンプルなデザインでカジュアルにもフォーマルにも持てるPRADAの財布はとても人気です。そのため、たくさんのコピー品が出回っています。ブランドを傷つけかねないコピー品に騙されないように気を付けたいことを紹介します。

大量に出回るプラダの偽物に注意!

プラダは1913年に創業したイタリアのブランドです。マリオ・プラダとマルティーノ・プラダの2人の兄弟が設立し、イタリア王室の御用達として支持されるようになりました。現在も、同族経営も続けています。

もともとは、希少で高級な皮革素材を使った、豪華な鞄を制作していました。しかし、実用的ではないということから軽量な防水生地のバッグを発表。多くのビジネスマンも支持するようになり、世界中に知られる人気ブランドになっていきました。

そんな人気ブランドのプラダですが、ブランド物のなかでも偽物が多いブランドとして知られています。プラダの多くのアイテムはナイロン生地で作られているため、そうしたナイロンバッグは安価で偽物が作れるのです。

バッグも財布も!人気のPRADAのシリーズを紹介

プラダはイタリアを代表する人気ファッションブランドで、なかでも財布やバッグはシンプルなデザインにカラーバリエーションが豊富で老若男女問わず人気の商品です。プラダと言えばナイロン製品が有名ですが、最近では牛革を使った財布やバッグも人気がでています。

高級感のある皮革を使う「サフィアーノ」

サフィアーノレザー 財布
参考価格 99,000円
引用元:PRADA

サフィアーノとは牛革を使った製品のことを言い、最近人気を高めています。高級感をだしてくれつつ、キズや汚れに強いことが特徴です。バッグや財布が主なアイテムで、シンプルなデザインが多く、どんな場面でも使いやすくなっています。

サフィアーノとは「サフィアノメタルオロ」という名称で、型押し加工した牛革のことです。イタリアでは女性人気が高く、憧れのブランドとなっています。

プラダの定番:ナイロン素材を使った「ポコノ」

プラダ PRADA ポコノ 三つ折り財布 M510 NERO ブラック
参考価格 税込 14,080円(中古)
出典:BeRich 楽天市場支店|楽天市場

ポコノとはナイロン素材のことをいい、プラダでは定番のシリーズです。工業素材から開発されており、防水に優れ、軽く、耐久性もあります。革製品に比べてリーズナブルに購入できます。

ポコノシリーズは黒がメインカラー。スマートで使いやすく、普段使いに人気です。耐久性があるのでどこにでも持って行ける手軽さが人気の秘訣となっています。

プラダの本物と偽物を見分ける方法とポイント

プラダの財布のコピー品と本物の見分け方

プラダは、偽物が多いブランドとしても知られています。誤って偽物を手にすることがないように、本物と偽物を見分ける方法と見分け方のポイントについて紹介します。

ギャランティカード

ギャランティカードは、正規ルートの販売を保証する証明書のひとつです。買取店では、ギャランティカードの有無を重視しており、カードがないと買取り対象にならないこともあります。

ただし、そのカード自体の偽物も出回っているので注意が必要です。ギャランティカードもカード表面のフォントや文字の色、裏面の商品番号や商品名のフォントを確かめましょう。

ロゴの鎖

本物のカードのロゴの鎖は、鎖の中まで点があり、緻密に描かれていますしかし偽物のカードでは、全体的にロゴがにじんでいて、緻密さが感じられないデザインであることが多いです。

モデル番号

カードに記載されているモデル番号は、インターネットで検索して商品と一致するか確認しましょう。検索してヒットしない場合は偽物の可能性が高いです。

裏面スタンプ

本物は、カードの裏面に購入日と購入店がスタンプされています。ボールペンなどの手書き、空白になっているものは要注意です。

カードの袋

通常は紺色の袋にカードが入っていますまれに水色もありますが、それ以外の色なら偽物の可能性が高いです。

逆三角形のロゴプレート

プラダの製品でよく見かける、ロゴの入った逆三角形のプレートに注目してみましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@l0veandpeace1019がシェアした投稿

ビスの大きさ

プレートは3つの角にビスがついています。この3つのビスが同じ大きさであることを確認しましょう。1つでも違ったり、形がおかしいものがあればコピー品の可能性があります。

プレートのとりつけ方

プレートがどのように製品に取り付けられているかにも注目しなければなりません。

プレートを付けている接着剤がはみ出していないか、見てみましょう。コピー品はところどころを雑に作っていることが多いです。このようなことがあったらコピー品です。

また、プレートがまっすぐに付けられて、中に書かれている文字が綺麗か確認しましょう。コピー品はすこし、斜めになっていたり、文字が潰れてしまっている場合があります。

PRADAのロゴ

PRADAのロゴのRには特徴があります。Rの右下の足に切れ目が入っていて、ひし形のようになっているものは本物です。よくみればわかりますが、切れ目の入っていないRが使われているロゴはコピー品といえます。

「R」の形

「R」は分解すると「P」と「\」に分けられます。PRADAの「R」は「\」が菱形になっていて、「P」部分との接続部に切れ込みが入っているようになっているものが本物です。それ以外の物は基本的には切れ込みがありません。ただし、1990年以前の商品は真っすぐに伸びていますので、必ずしも偽物ではない点に注意しましょう。

「A」の形

ふたつのAの字体と大きさはまったく同じになっているのが本物です。比べてみて微妙に違うようなら偽物と判断しましょう。

リボン

本物は、ぷっくりと立体感があり折り返しがあるものになっています。偽物は、立体感がなく平らな状態です。

バッグ・財布本体

本体にはファスナーが付けられています。ファスナーの金属部分が綺麗であることを確認しましょう。金属部分が波打っていたり、錆びているものはコピー品です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

藍衣(@buymahk)がシェアした投稿

縫製

プラダの製品の縫製は、非常に丁寧でひと縫いの長さが等しくなっています。縫い目にがたつきがなく一直線上にあるものが本物です。縫製が少しでも雑になっているものは、偽物の可能性があります。

内側のナイロン素材

製品の内側のナイロン素材には「PRADA」が全面に入っています。本物には「A」の横線の中央に結び目があるので、結び目のないものは偽物の可能性が高いです。

ファスナー

本物のファスナーは「riri」製、「Lampo」製、まれに「IPI」製のものです。裏面にメーカーの刻印が入っていない、または、別メーカーの刻印が入っているものは偽物となります。ただし、内側ポケットのファスナーには刻印がないので注意しましょう。

白タグ

白タグは、生産工場を示した数字が入っており、内側ポケットの中にあることが多いです。2枚付いていることもあります。数字はゴシック体で黒塗りなので、これ以外のタグは偽物の可能性が高いです。

ボタン

凹部分には「PRADA」がふたつ、はっきりと刻印されています。2本の棒がRとDの部分から真っすぐ伸びており、円周に小さな点が打ってあるものが本物です。つぶれて見えなくなっているものや小さな点がないものには注意しましょう。

底鋲

底鋲にも「PRADA」の刻印がふたつ、はっきりと刻印されています。文字は小さめですが、刻印がないものは偽物の可能性が高いです。

レザー

サフィアーノレザーは表面に牛の毛穴があります。牛の毛穴がない製品は偽物を疑いましょう。

プラダの偽物が売られる代引きの専門店や激安通販に注意

コピー品が売られる代引きの専門店や激安通販に注意

ネットではスーパーコピー品を専門に売っている通販サイトが数多く存在します。これらのサイトは中国からのものが多かったりと、違法にも関わらずなかなか減らない状態にあります。

偽物商品のランク

コピー品のランクには、素人が見てもわかるようなAランクから、かなり精巧につくられているNランクまであります。

Nランクになると簡単には見分けがつかないほど本物そっくりに作られていますが、Aランクと同じ偽物です。惑わされないようにしましょう。

プラダが偽物と分かって購入するのはやめよう

コピー品を販売することは違法になりますが、購入は違法にはなりません。しかし、コピー品を持っていた場合、そのものを没収される可能性があります。安いからと、偽物とわかっていいてコピー品を購入するのはやめましょう。

プラダの偽物の買取について

プラダの財布のコピー品の買取について

コピー品の買取はできませんが、査定してもらって「これはコピー品です」と言われることもありません。法律上、コピー品の買取は違法にあたるので、取り扱えないと言われます。

しかし、使用に難があるほどのキズがあるものや、生地の劣化やはがれが見られるものも取り扱えない場合が多いので、取り扱えないからといって偽物であると決めつけないように注意しましょう。

プラダの偽物は購入しないように気をつけよう

コピー品は安く、ネットで簡単に購入できる環境にあるため多く出回っていますが、ブランドを傷つけていることも確かです。PRADAというシーンを問わず使えるシンプルなデザインが特徴のブランドを大切にするためにも、正規品を購入するようにしましょう。

また、素人にはわからないコピー品はたくさんあります。詳しく知りたい場合には一度専門の人に査定してもらうことも大切です。

無料査定はLINEでプロに相談