ブランドの偽物を購入したらどうなる?知らずに買って返品したいときの対処法

インターネットで、すごく安い値段でバックや他のブランド品を販売している店を見つけたことはありませんか?もしかしたらそこは偽物を取り扱っている店かもしれません。ブランド品だと思って買ったものが偽物だったら、または偽物と知って買ってしまったらどうなるのでしょうか。

ブランド品の偽物が罪になる理由

ブランド品の偽物が罪になる理由

コピー品の製造・販売が罪になる理由とは

ブランド品の偽物を製造・販売することは、「商標権」の侵害に当たります。商標を保護することによって、その商標を使う者の信用を守り、産業の発展に貢献するとともに、その商品を取引する者の利益を保護することになります。

ひとつの商品を販売するときは、その商品や提供されるサービスは誰が作っているのか、商品の質について分かるようにしておくことが必要です。誰が作ったのか、どんなサービスが受けられるのか分からなければ、安心して商品を買うことができません。

商標とは、自分が作った商品が他のものに埋もれて迷子になるのを防ぐ「目印」のようなものです。目印をつけることで、購入者側も間違って似た商品を購入することがなくなります。

すなわち、商標があることで購入者は安心してその商品を買うことができ、売る側は自分の商品が、他の商品に埋もれないようにすることができるということになります。

ブランド品の偽物を製造・販売することは、この商標を侵すことになり、目印をつけた商品に似せて利益を得ようとすることは罪に当たるのです。

偽物を製造・販売するとどんな罪に問われるの?

ブランド品の偽物を製造・販売すると、商標権を侵害したとして「商標法」で「10以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金」などの刑が処されます。また、偽物と知っていて偽ブランド品を輸入したら、「関税法」で「10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金」などに処されます。

ブランド品の偽物の購入について

ブランド品の偽物の購入について

なぜ偽物を購入してしまうのか

近年、インターネットの普及で実際にお店に出向かなくても簡単に買い物ができるようになりました。人の心理として、できるだけ安く買い物をしたいと思うものです。ブランド品を購入するときも同じように考え、欲しい商品が安く売られているサイトを探そうとします。この心理が安いブランド品を購入してしまうことにつながるのです。

ブランドの偽物はどこで売られている?

偽物と分かっていながら商品を販売するのは違法行為なので、コピー品が販売されているのはインターネットがほとんどです。

多くのブランド品の偽物は海外から送られてきます。偽物が海外から届く時、税関で止められることがあるので、最近では国内に工場を構えて偽物を製造して国内から発送するケースも多くなってきています。

また、近年ではフリマアプリやオークションにブランド品の偽物が出品されていることも多くなっています。インターネットでは商品を手に取って確かめることができません。フリマアプリやオークションで明らかに正規品より安い値段で販売している場合は、偽物だと疑っていいでしょう。
 

ブランドにはスーパーコピー品がある!「N級品」と呼ばれる偽物を買うメリット・デメリットとは

ブランド品の偽物を購入したら違法?問われる罪

ブランド品の偽物を購入したら違法?問われる罪

商標法違反

ブランド品の偽物を製造・販売することが違法だということはご理解いただけたと思います。では、偽ブランド品を買った人はどうなのでしょうか。

まず「商標法」のほうで見てみましょう。この法律は、ブランド品の偽物を製造・販売することを禁じるものです。そのため、購入する側にはこの法律は適用されません。偽物と知っている場合でも、個人で使用する場合には違法にならないとみなされる可能性はあります。

しかし、ブランド品の偽物だと知って購入し、それを他人に転売して利益を得た場合は、個人的な使用とはみなされません。

関税法違反

「関税法」は、ブランド品の偽物を「輸入」することを一切禁じています。個人で海外へ行き、偽ブランド品を日本に持ち込んでも違法となるのです。その判断は「その商品が偽物だと知っていて購入したかどうか」です。

偽物だと知っていてそれを日本に持ち込んだら罪に問われるのですが、実際にはそれを証明できるものはありません。そのため、海外で正規よりも安く売っているからといって、安易にブランド品を購入するのは避けることが懸命です。

ブランド品の偽物だと知らないで購入してしまった場合

ブランド品の偽物だと知らないで購入してしまった場合

メルカリなどで偽物を購入してしまったら返品できる?

最近はインターネットのフリマアプリやオークションでさまざまなものが売られています。その中にブランド品の偽物もあるのが現状です。ネットの写真だけでは本物か偽物か判断がつきにくいことと、安い値段に惹かれて購入したものが偽物だったということがあります。

もし、本物だと思って購入したものが偽物だった場合はどうしたらいいのでしょうか。

ここでは、フリマアプリの「メルカリ」について解説します。メルカリで購入したものがもし偽物だった場合は、返品可能です。このときに気をつけなければならないのは、受取評価する前に取り引きメッセージで出品者に、受け取った商品が偽物であったため返品したいことを伝えて商品を送り返します。

出品者が返品した商品を受け取ったことがわかればそれで取り引きが終了になります。受取評価をしてしまったら、代金が相手に振り込まれてしまうので注意が必要です。

メルカリの出品者の中には、商品説明欄に「返品不可」と記載している人がいますが、メルカリの規定にはそのような記載をすることは禁じられています。そのため、もし出品者が返品不可と書いている場合でも偽物が送られてきた場合は、メリカリの規定によって返品することは可能です。

もし、出品者が返品に応じなかった場合、メルカリに問い合わせをすれば返金してもらえます。これも受取評価をする前に行いましょう。

インターネットで知らないで買った場合は税関で没収されることがある

ブランド品の偽物をインターネットなどで購入した場合、知らないで買った場合でもその商品が税関で没収されることがあります。これは偽ブランド品を日本に入れないための措置です。

偽物をクレジットカードで購入したら請求を止められる?

近年、インターネットで買い物をした場合、クレジットカードで支払いする人が多くなっています。もしもブランド品をクレジットカードで購入し、届いたものが偽物だった場合はクレジットカードの請求を止めることはできるのでしょうか。

販売業者が偽物を売って利益を得ている場合、消費者側を保護しなければなりません。偽物だと知らずに購入してしまった場合は、「詐欺」に遭ったことになるので、購入者側を保護する手続きが必要です。これが「抗弁権の接続(抗弁の対抗)」と呼ばれる手続きです。

この手続は、商品の購入者が販売業者との間で生じる事由をもち、代金を立て替えて代金を請求しているクレジットカード会社に対抗することができる制度です。この制度を使って、「購入した商品が偽物であったため代金を支払わない」という「抗弁」をクレジット契約に接続することができます。

この接続が有効に行われると、クレジット会社は購入者の口座から代金の引き落としができなくなるのです。

本物だと思って購入したのに偽物が送られてきた「詐欺」に遭ったのですから、このような制度がないと消費者を守ることができなくなります。もし届いた商品が偽物だった場合、クレジット会社のコールセンターへ電話をして相談しましょう。

ブランドの偽物と知っていた場合

ブランドの偽物と知っていた場合

偽物だと知っていてフリマアプリなどで売った場合

もしもブランド品が偽物だと分かっていながら、フリマアプリなどを使って売ったらどうなるのでしょうか。偽物を個人で購入するまでは違法にはなりませんが、その偽物を販売した時点で、個人であっても処罰の対象になります。偽物を売って利益を得ようとするのは悪質業者と同じことをしているのです。

偽物だと分かっていて買取店や質屋に売りに行った場合

ブランド品買取店や質屋に偽物が持ち込まれるのはとても多く、偽物と知らないで持ち込むケースと偽物だと分かっていて持ち込むケースがあります。買取店は偽物であっても、「これは偽物です」というふうに断りませんが、商品の状態がきれいであるにもかかわらず、買取してもらえないときは偽物である可能性が高いです。

ブランドの偽物を購入しないための注意点

ブランドの偽物を購入しないための注意点

ブランド品の格安サイトで購入しない

最近はインターネットでブランドの偽物を売っているお店が増えています。偽物だと知らずに購入してしまう人も多く、ネットでの買い物は十分な注意が必要だといえます。偽物と知らずに購入して、その商品が税関で止められた場合は注文者には商品が届きません。

偽物を購入しないようにするために購入を避けたほうがいいサイトは、

  • 連絡先がメールアドレスのみ記載のサイト
  • 正規の値段よりも大幅な値下げをしているサイト
  • サイト内の日本語表記が不自然なサイト

です。このようなサイトは偽物を販売している可能性が高いので、購入を控えたほうが賢明です。

もし、偽物を買ってしまった場合、故障したときの保証がありません。正規品だった場合はメーカーが修理に対応してくれます。しかし、偽物の場合は受け付けてくれません。

正規店で購入する

ブランド品の偽物を購入しないためにはインターネットで買わず、正規店で購入することです。デパートの中の正規代理店などは安心して購入できるので、知らずに偽物を購入することはないでしょう。
 

偽物のブランド品は買取不可!持ち込んだ商品が偽物だったら犯罪?返金?

ブランドの偽物を購入しないよう気をつけることが大切!

ブランド品の偽物を知らずに購入しないようにするためには、インターネットで格安でブランド品を販売している店には偽物が売られている可能性が高いことを知ることです。知らずに購入して、税関で没収されて代金だけ支払って商品が届かないことなどを防ぐためには「偽物かもしれない」商品を購入しないことです。

ブランド品の製造・販売が違法なように、偽物だということ知って購入することもその業者に加担していることになることを十分知っておくことも重要です。ブランド品の偽物を売る側も買う側も法律違反になるのです。